« 青森~北海道道中記・まめこさんから | トップページ | 高生研大阪大会第3回実行委員会&ワークショップ »

2008年8月31日 (日)

全国一斉学力テストと橋下知事

 みなさん、こんばんは。事務局長の首藤です。おととい夕方のTVローカルニュース。思わず見入ってました。

 29日(金)は全国一斉学力テストの結果発表があったとのことで、そのニュース。大阪は下位に。確か41位と出てた。近畿圏では最低。
 その後、橋下知事の会見がでてきて、「・・・教育委員会には最悪だと言いたい。これまで『大阪の教育は…』とさんざん言っておきながら、このザマは何なんだ。・・・教員はもっとしっかりせよと言いたい・・・。」などと発言・・・というか放言・・・。こういう感情的にモノを斬って捨てる知事を頭に戴いているとは・・・と情けないやら・・・。この橋下知事の話のあと、今度、府の教育顧問になったという藤原和博氏の話題に・・・。

 (そのまま暗澹たる思いで、夕食の買い物に出て・・・。給料も大きく下がったし・・・ということで、自然に40%引きシールの商品に手が伸びて・・・。まあ、これは余談ですが。)

 ともかく、ニュースの作り方が、なんとも稚拙というか・・・。いったい、全国学力テストって何なんでしょう。これでは単なる都道府県学力ランク付けに過ぎないです。テストそのものの意味や、大阪が下位というのをどうとらえるのか、もっときちんと議論しなければいけないのに、そういうことはなく、ただ感情的にモノを言う橋下知事の会見を流す・・・。

 全国各紙を見ていると、テストの評価についてはさまざま出ています。やはりきちんと議論をしなければ、現場はたまったものではありません。今日も、新聞を見ていると、橋下知事が府教委に学力テストの市町村別成績結果を公表するよう指示するという記事が出ていました。曰く「市町村の教育委員会は甘えている。結果が表に出ないから」だそうです。

 橋下知事は権力者です。もちろん府民の信託を経てその権力は与えられていますが、その行使については本当に慎重にお願いしたいです。議会やマスコミはじめチェック機能が働いていません。新聞記事で読んだ話しですが、職員との対話集会があって、職員が知事持論の「関西州」について苦言を呈したら、「そういう意見は部長になってから言え」と言ったとか。そんなんやったら、対話集会なんかすんな!と言いたいですけどね。

 心配は、府教委が躍起になって「学力向上!」を錦の御旗に生徒や現場の実態をふまえないなりふり構わぬ施策を打ち出したり、現場の尻をむやみに叩きにくること。私たち教職員はまだしも、児童・生徒にとっては大きな迷惑になります。

 給料は下がるし、ホンマにモチベーションが下がります。ま、それでも、がんばる大阪の教職員はいっぱいいます。私の学校の職員室は、給料が下がって(ちょっとしつこい?)も、いつもと一緒の明るさでした。学力テストの結果より、目の前の生徒としっかり向き合って、学力向上と豊かな学校生活実現のためにがんばってます。2学期が楽しみです。

 でも、明るいばかりではあかんね。怒るところはしっかり怒らないと・・・。

 橋下知事!万一、このブログが目にとまったら、一度、腹を割って現場教職員と話し合ってみませんか。大阪の子どもたちの豊かな未来をどうすれば実現できるのかを。

« 青森~北海道道中記・まめこさんから | トップページ | 高生研大阪大会第3回実行委員会&ワークショップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青森~北海道道中記・まめこさんから | トップページ | 高生研大阪大会第3回実行委員会&ワークショップ »