おすすめ情報

本の紹介

« 東海ブロックゼミもおもしろい! | トップページ | 【立ち読み】4月はじめ・「スキマだらけ」にこの一発! »

2009年2月19日 (木)

3月7日(土)8日(日)は高生研近畿北陸ブロックゼミin阪大⑪  授業づくり分科会は、コレ!

 サトウです。

 最初、レポーターの岡山さんから送られてきた「レポート紹介」はこんな文章でした。

<以下>

郷土料理で食談を楽しもう♪ in 高校レストラン
~ 食を通じて,異質な他者とつながる…縁結び教育のススメ・北陸版 ~

 自宅で月に2回の「農家レストラン」をしている室谷さんに「弟子入り」して郷土料理を学んできた1年間の集大成として、1日だけのレストランを企画。一緒に天草を採ったり、野菜やお米について教えてくれた地域の方、交流してきた作業所やグループホームの方、保育園の先生、新米ママと赤ちゃん、保護者を招いて、地元の手作りの「安全で美味しいもの」を一緒に味わいました。
  
 地元の子どもたちの健全な成長は,地元の大人たちの共通の願いです。そこに依拠して,おもしろい,楽しい,新しい出会いや気づきがいっぱいの時間を共有できました。

新聞4社,テレビ3局・・・当日の取材の多さに生徒もビックリ……。

<以上>

 なかなか盛況のコラボ実践だったんだー。

 でも、ちょっと心配。
「特殊」な家庭科の実習体験、近ブロ参加者の問題意識と合うかなあ。
「家庭科はいいですねー、楽しそうで」
「すごい実践」ですまされちゃうかも……。

 しかし、レポーター・岡山さんからきた次メールには、こんなホンネが満載で。

<岡山→サトウメール>
 今回は,生徒たちが書いてくれた感想文(フードデザイン1年間のふり返り)に助けられたような気がする。

 実は私,フードを選択している12名の生徒たち....ニガテ。
 なんも言うこときかんし!
 私語,多いし。
 ほんと,しんどかった。

 だから,一人では持ちきれる自信も見通しも持てず,どうしよう,どうしよう・・・って思って,他力本願することになる。私が作るコラボ的授業の原点はそこなんだわ~。
 自分が値打ちを感じて,大事にしたいことと,生徒が欲していることには大きな隔たり(ズレ)があって,迎合もしたくないし,かといって,ひっぱりまわすこともできない。
 その中間を行ったりきたりしている感じです……。

<以上>

 おいおい。これを聞きたかったんや。
 思わずサトウ、岡山さんにすぐ返信。

<サトウ→岡山>
(前略) めちゃくちゃおもしろいやん。

「成功しました。テレビも来ました」だけなら、「すごい実践やねんなー」とか「家庭科はいいなあ」で終わる。
 でも、
「一人では持ちきれる自信も見通しも持てず,どうしよう,どうしよう」でのコラボ。
 この「ヘルプ」の出し方、すべての教科に通じるものがあるぞ。
 これこそ聞きたい!

<以下略>

「1人でできなきゃヘルプ出す」の一形態としてのコラボ実践。

 当分科会には「電光石火のパクリ人」の異名をもつ札埜さん(京都)も運営者の1人として参加決定。
 これは他教科にも役立つ議論必至だ。
 ご期待ください。

●授業づくり分科会
        岡山 和美 (石川)「郷土料理で食談を楽しもう♪ in (1日だけの)高校レストラン~食を通じて,異質な他者とつながる…縁結び教育のススメ・北陸版~」

(以上、ご本人の許可を得て構成した文章です)

« 東海ブロックゼミもおもしろい! | トップページ | 【立ち読み】4月はじめ・「スキマだらけ」にこの一発! »

近畿北陸ブロックゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東海ブロックゼミもおもしろい! | トップページ | 【立ち読み】4月はじめ・「スキマだらけ」にこの一発! »