おすすめ情報

本の紹介

« 大会事務局会議開催! | トップページ | 3月7日(土)8日(日)は高生研近畿北陸ブロックゼミin阪大⑧ おもてなし班です »

2009年2月13日 (金)

早蕨です① 熊本、恐るべし!

最近、熊本高生研会員通信が楽しみです。どんどん進化してきて面白い。しかも「そろそろ早蕨、ださなあかんなー」と思ってる頃に、先を制して送られてくる。ちょっと焦ってしまうのです。

中味が面白くなった理由は、活動の表面をなぞる報告の羅列ではなくて、書き手が自分なりの分析に挑もうとしていること。今回のではI実践分析がよかったです。

自分の読み取り方を述べるのはなかなか難しい。若手のときは、たたかれるのが嫌で当たり障りなく書こうとするし、ベテランになるとプライドが邪魔して、ことさらに難しいことを書こうとしてしまうもの。これ、自戒をこめて。
でも熊本高生研通信には、真摯に自分と向き合おうとする志が溢れている気がします。まだ読んでない人、年会費2000円払う価値ありですよ。

さて、早蕨1・2月号、発送です。早蕨も負けてませんよ。僕のイチオシは、20代若手教師の授業実践を、同じ20代若手3人が分析した「私の実践を分析してみる」。ここにも、自分のために貪欲に学ぼうとする若手の姿が溢れています。もちろんベテランのアドバイスもいい味出しています。

楽しみにしてください。

                                                              編集長  井沼淳一郎

« 大会事務局会議開催! | トップページ | 3月7日(土)8日(日)は高生研近畿北陸ブロックゼミin阪大⑧ おもてなし班です »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大会事務局会議開催! | トップページ | 3月7日(土)8日(日)は高生研近畿北陸ブロックゼミin阪大⑧ おもてなし班です »