おすすめ情報

本の紹介

« ザ・遠足~クラスづくりは遠足から~② | トップページ | 「初めて担任を持つあなたに」的講座ありますか?・・・「あるんです!」 »

2009年3月16日 (月)

うれしいなあ、こんな感想~近畿・北陸ブロックゼミ感想メールより③

HR集団づくり分科会「困難な生徒をつながりで支える」(三輪亜矢子さん)

 レポートは、常勤講師1年目でいきなり高校2年生の担任になった三輪先生。A高校は某有名私立大学附属中学高校として人気が高く、総じて生徒は受験にとらわれずにのびのびとして満足度は高いが、実はそんな生徒ばかりじゃない。留年生の美樹と三輪先生のかかわりを軸に報告された。

 HR集団づくり分科会は、若手がいっぱい。教師目ざす学生、講師、初任者、初担任の彼女/彼らの感想は?

●今回は、わりと頭のいい(?)学校での実践。きっとプライドも高いだろうし、よい子でいなければという思いも強いだろうし、自分でいろいろ分析してこうしたらいい、でもできない、それでしんどいというところもあったのではないかと思います。そんななかでも先生とつながっていることが、その子にとっては大きかったんだと本当に思いました。

●クラスびらきの際に、説教くさい目標を提示するのはクラスに緊張を生み、生き生きとした人間関係を生まない、と言うことが勉強になりました。初任者の私は、はじめて担任を持つとき、力が入りすぎてしまうところでした。

●自分自身の今年1年の実践とダブらせながら話を聞いてしまいました。クラス担任となるとどうしてもクラスの中でどうにかしたいと思ってしまうのですが、クラス以外にもきっかけはあるし、その子にあった結論は色々あると思うので、どれだけその子を知るのかが大切なんだなと思います。

●私も初めての担任で日々悩み、一喜一憂を繰り返しています。…「もっとホンネで」というのはすごく胸に刺さりました。

« ザ・遠足~クラスづくりは遠足から~② | トップページ | 「初めて担任を持つあなたに」的講座ありますか?・・・「あるんです!」 »

近畿北陸ブロックゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・遠足~クラスづくりは遠足から~② | トップページ | 「初めて担任を持つあなたに」的講座ありますか?・・・「あるんです!」 »