おすすめ情報

本の紹介

« 一般分科会情報⑧ 里野 修 今こそ「教育的な視点と配慮」を職場全体で掴み直そう | トップページ | 【立ち読み】テスト勉強から宴会(?)まで~いつでもどこでも Let’s ビンゴ!(下) »

2009年7月13日 (月)

【立ち読み】テスト勉強から宴会(?)まで~いつでもどこでも Let’s ビンゴ!(上)

【14発目】ご当地ビンゴ(20分)

 
  われら「おまかせHR研究会」、『担任のアイディア100連発』を発刊以来、講座の講師として全国各地から呼んでいただくようになった。北は北海道・名寄(なよろ)から南は沖縄・糸満(いとまん)まで都合80余回を行脚(ありがとうございます)。

 
 しかし、よくある話だが、定刻になっても講座参加者の顔ぶれがそろわず、司会の方がホントに恐縮そうにアナウンスされることがある。
「……少しお集まりの状況がよくないようです。今しばらくお待ちを……」
 そんなとき、同胞・ナカムラの出番である。

 
「お時間です。こんにちは。せっかく時間どおりに来られた方に、「早く来た人だけ!」のとっておき小ネタをご披露しましょう。レジュメの裏にタテヨコナナメ各3つずつ、合計9マスのビンゴわくを書いてください。では、ご当地ビンゴのはじまりはじまりー」

 
 例えば、名古屋の某高校職員研修の際には、「名古屋と言えば……」で思い浮かぶものを9つ書いてもらう。食べ物、観光地、おみやげ、名物、温泉……なんでもあり。相談もあり。皆がわいわい、なんとか9つ書き終えると、ナカムラが自分のまったく個人的な趣味で、彼なりの「名古屋と言えば」を順に羅列する。
 自他ともに認める「誇り高き鉄ちゃん(鉄道ファン)」「何の役にもたたない雑学王」のナカムラだけに、きしめん、ういろう、名古屋城シャチホコなどだれでも思い浮かべる名物は出ない。「あんかけパスタ」や「世界の山ちゃん」など、ご当地人でもマニアックな食べ物や祭、習俗などが次々出てくる。
 そしてウンチク披露&自己紹介がひととおり終わり、「地元人」たちと充分交歓しあったころ、会場内はいつしか満員。ころ合いを見計らい、「中日ドラゴンズ」など、メジャーな名古屋名物披露であちこちから「ビンゴ!」の声を得て締めくくる。

 
 これって、HRのスキマにも使えるね。
 1年生向けには「○○高校と言えば……」で自校の印象を9つ書いてもらったあと、校風や名物行事、クラブ、注意点などを語っていく。上級生向けには、ズバリ学校所在地の「□□市と言えば……」とすると、地域のミニ歴史学習にも使える。該当出身地の生徒たちががぜん張り切り出すので、彼らとのやりとりも楽しい。

(つづく。(『月刊HR』8月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今号の担当・佐藤 功)

« 一般分科会情報⑧ 里野 修 今こそ「教育的な視点と配慮」を職場全体で掴み直そう | トップページ | 【立ち読み】テスト勉強から宴会(?)まで~いつでもどこでも Let’s ビンゴ!(下) »

大阪高生研総会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般分科会情報⑧ 里野 修 今こそ「教育的な視点と配慮」を職場全体で掴み直そう | トップページ | 【立ち読み】テスト勉強から宴会(?)まで~いつでもどこでも Let’s ビンゴ!(下) »