おすすめ情報

本の紹介

« 一般分科会情報② 深久史郎 本音を出しあってイジメ問題に立ち向かう | トップページ | 一般分科会情報③ 稲木悠一 今年のテーマは「楽しい学校」 »

2009年7月 3日 (金)

参加申し込み6月末で120名突破!

 大阪は今週、梅雨の真っ只中。そして、早や6月も終わり。全国大会を心待ちにしておられる皆さん、こんにちは。受け付け係りの西村です。

 6月末で全国大会の申し込みが124名になりました。大阪の参加者は現在45名。まだ、大阪総会とおんなじ規模やん、と危機感を強めています。それに対して他府県からの参加者が多い!現在、熊本からは12名の参加者が。詫磨・中村の親善大使を九沖ブロックゼミに送った甲斐がありました。また、沖縄からも10名の参加が決まってます。はるばる遠くからありがとうございます。それから、東京からも熊本同様、12名の申込みを頂いてます。とくに、和光からは5名エントリーがあり、学校別でいうと、大阪の高校を抑えていまのところトップを走っています。ちなみに2番手は沖縄の北部農林と大阪の福泉の4名。どうしたんだ、おおさか?!

 残りあと30日、すでに第4コーナーを回ったあたりでしょうか?しっかり鞭を入れて参加者拡大をしないと目標には届きません。残り30日でどれだけ目標の300名に近づけるか?

先の実行委員会でも話題になりましたが、大阪の参加者が少ない!(目標:200人)あれだけの講師と実践を用意しておきながら、阪大・吹田キャンパスにも参加者を呼び寄せられていないのは、ひとえに宣伝不足。各職場で、また、周りの知人にしっかり声かけて、一人当たり3人参加者を確保しましょう。残り30日、毎日5人ペースで参加者が増えていくことを願ってまーす。

(追伸)7月31日の「コラボ授業~」の申し込みが、80名を超しました。定員の90名まであと少し。今、立ち見も含めて定員増も検討していますが、「満員札止め」も近い?

 どうぞお早めの申し込みを。

« 一般分科会情報② 深久史郎 本音を出しあってイジメ問題に立ち向かう | トップページ | 一般分科会情報③ 稲木悠一 今年のテーマは「楽しい学校」 »

2009 大阪大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般分科会情報② 深久史郎 本音を出しあってイジメ問題に立ち向かう | トップページ | 一般分科会情報③ 稲木悠一 今年のテーマは「楽しい学校」 »