おすすめ情報

本の紹介

« ウチの職場からも6人! | トップページ | 学力研大会と高生研大会、ハシゴ可能です~「ハシゴ」シリーズ第2弾~ »

2009年7月10日 (金)

一般分科会情報⑦ 石上兵吉 教室に入れなかった生徒たちとの三年間

教室に入れなかった生徒たちとの三年間~単位制定時制でのくらしかた~
                           
                 石上兵吉 (埼玉・定時制高校)

今年1月NHKで奇妙な居酒屋が紹介されていました。新橋の居酒屋に千冊近い「出身高校ノート」があります。仕事に疲れた会社員たちが自分の高校ノートに書き込むのです。山梨Y高、兵庫N北高など普通の高校の名前がありました。

 
 三年前、このHRを受け持った後、しばらくして、ほとんどの生徒が小中学校で不登校生だったことを知りました。私自身は不登校生を最も苦手としてきましたから、困り果てます。まずはキャンプでも、と提案して、もちろん完全に否定されました。その後、どんな距離感でつきあうか、と探りながら、「HR通信メール」だけを続けます。

 
  多くの生徒が退学し、代わりに多くの全日制中退生が転入してきたり、上の学年から留年してきたりしました。そんな留年生・転入生たちの多くが「このクラスなら」と復活しました。Yも五年間不登校を続けた後、このHRで「復活」します。が、卒業まで残り一年となったところで、彼は「このHRで一年間暮らせてよかった」とだけ言い残して退学していきました。元不登校生たちに、このHRは何を残せるのでしょうか?

(8月2日(日)13:30~17:00。「午後」の3時間半分科会です)

« ウチの職場からも6人! | トップページ | 学力研大会と高生研大会、ハシゴ可能です~「ハシゴ」シリーズ第2弾~ »

2009 大阪大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウチの職場からも6人! | トップページ | 学力研大会と高生研大会、ハシゴ可能です~「ハシゴ」シリーズ第2弾~ »