おすすめ情報

本の紹介

« 終わってみたら若返ってる気もしました(中)   K | トップページ | 長島義明写真展に行ってきました。 »

2009年8月 9日 (日)

終わってみたら若返ってる気もしました(下) K

5.その他

珈琲をお出しするという名目で、講師の方の控え室で、質問したり、おしゃべりしたり、サインもらったり、写真を一緒にとってもらったりという役得も多々ありました。

とりわけ、講師で来阪いただいたHさんは、「高生研、終わるの?これからこそ必要な研究会だと思ったのに…」と要項のコラボのことに関心を示されていたごようす。学校が学校に閉じずにやっていくことやテーマと時代との関わりなど、マンツーマンでお聞きできてラッキーでした。

家庭の事情で前日準備からの五日間は、京都から阪大へ通い参加でした。同じく実行委員の相棒と、行きの車中では着いてからの動き、分担の確認。帰りの車中は、例えば総会のあった夜は、勝手に二人分科会「総会を深める」をやったり…濃かったです
(笑)。

6.最後に…

私は1990年に大卒新人で、京都の私学に就職しました。

今は全国私教連委員長にならはった先輩が、あれやこれやと研究会の案内を私の机に置き続け、「休みの日は休みたいです~」と誘いになかなか乗らない私なのに、諦めず、しつこく誘ってくれての、高生研箱根大会初、で、大阪、熊本、東京、青森そして今回と、参加は6回目ですが、つくる側にかかわらせていただいたのは今回が初めてでした。

別れの集いに行きたい、総会に参加してみたいと思ったのも初めてでした。別れの集いに行くと、沖縄?の女性が感極まったスピーチをしておられ、大会歌では学生時代を少し知っているTさんが、近ブロに続いてめっちゃカッコよく歌ってはって…Nさん企画の速報もめっちゃ本格的やし、BBQでは本物のマイスターSさんが登場するし、文化班のレベルの高さもハンパじゃないし、Iさんをはじめとして、文化班のこれまでのとりくみ・すすめかたもすごかったことが窺えました。

みんなが力を出さないとできない祭り的なとりくみは、やはり大事。損得でない経験、お金のやり取りが介在しない人間関係を経験できたこの大会中、もう10歳若かったらとしばしば思いましたが、終わってみたら若返ってる気もしました。

シュウさんの言葉を借りると「できることを、できる範囲で、諦めないで、水際を足を濡らさずに走れ」。足を濡らさないほど器用には私はできませんが、自分にできることを、できる範囲で、諦めずに、今度は自分の持ち場でやっていこうと思います。

9月22日が打ち上げだと聞きました。美味しいお酒を飲みたいです(日本酒希望!)ありがとうございました!また大阪でやることになってもいいなぁと思いつつ、来年の北海道でも珈琲売り子をやってもいいなぁと楽しみにしています。

ここまで長文におつきあいくださり、ありがとうございました。

« 終わってみたら若返ってる気もしました(中)   K | トップページ | 長島義明写真展に行ってきました。 »

2009 大阪大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終わってみたら若返ってる気もしました(中)   K | トップページ | 長島義明写真展に行ってきました。 »