おすすめ情報

本の紹介

« 【大会感想】小さな声でもいいから声をあげる行動をしていきたいと思いました(上) | トップページ | 学期はじめの月曜日ですが……。待望の「広木克行氏学習会」緊急開催 »

2009年8月21日 (金)

【大会感想】小さな声でもいいから声をあげる行動をしていきたいと思いました(下)

 3日目は勧めていただいた、福泉高校の稲木先生のお話を伺いました。
 生徒との関わりをいろいろな形でもっていること、ひとつひとつの事象を何のためにするのかということを明確にしながら次へ次へとつなげていることなど、普段の仕事でヒントになることをたくさんお聴きしました。

  
 1日通しの議論の中で、その先生だからその実践ができたということではなく、自然発生的に出来事が起こったのではなく、その実践からなぜそれが出来たのかということを理論化し、後でもいいからねらいをつけていく、という作業があるということがとても新鮮でした。
 何気ない行動でも、どのようなねらい・目的があったのかということをつきつめていくと、見えてくるものがあるんですね。

 
 最終日の湯浅誠さんの「活動」のお話は、自分が何をすべきなのかふわふわしていた部分に、ひとつの選択肢を与えてくださったように感じました。現状を嘆くばかりでは、何も解決しないし、小さな声でもいいから声をあげる行動をしていきたいと思いました。

  
 昨日8月6日、広島に原爆投下された日ということで、駅前で核廃絶の署名をしている方がいました。
 普段だったら興味ありながらもなかなか行動する勇気がでなかったのですが、思い切って声をかけてみました。
 私の祖母も長崎の原爆で家族を全員亡くしておりまして、そのことが自分の歴史への関心に大きく影響をしています。小さなところからでもいいから、意思表示をしていくということを積み重ねて、何か自分も行動してみたいと思いました。そこからまた学びたいです。

 
 今回、高生研に参加させていただいて、全国の先生方と関わりをもつことができましたし、これまで思ってもみなかった議論の視点など、学ぶ機会をたくさん得ることができました。
 またしっかりと整理して、学校の先生方ともシェアしていければと思っています。
 
 お声がけいただきまして、感謝しております。
 ありがとうございました。

 また、このような機会がありましたら参加させていただきたいと思っています。
 その際にはよろしくお願いいたします。

 
 長々と失礼しました。
            

                (高生研初参加・Nさん。おわり)

« 【大会感想】小さな声でもいいから声をあげる行動をしていきたいと思いました(上) | トップページ | 学期はじめの月曜日ですが……。待望の「広木克行氏学習会」緊急開催 »

2009 大阪大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大会感想】小さな声でもいいから声をあげる行動をしていきたいと思いました(上) | トップページ | 学期はじめの月曜日ですが……。待望の「広木克行氏学習会」緊急開催 »