おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(上) | トップページ | 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(下) »

2009年9月21日 (月)

【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(中)

【22発目】プロポーズの言葉(15分)

 
 男女間でにぎやかになるのが、「プロポーズの言葉」への応募。需要掘り起こしを狙った日本ブライダル協会、少子化対策の一環として実施した奈良県など、どこかの団体が実施している。毎年実施しているのが静岡にあるNPO地域活性化センター。その「プロポーズの言葉コンテスト」(5月15日締切)は恋人の聖地といわれる六本木ヒルズ展望台で表彰式があり、賞品はセイコーの高級腕時計や宿泊券。作品は河出書房新社より出版される。

 HRで「将来のために今からプロポーズの言葉を考えてもらいます」などと言おうものなら、蜂の巣をつついたような賑やかさだ。

 「この星を見てみ。たくさんあるやろ。俺もこんくらいの人を見てきてん。でも好きになれたんはお前だけや。結婚してくれ」「引越しするんやけど一緒に来(こ)うへん?」「市役所行こか?」「帰るのめんどいからここに住みたいねん。ちゅーか、ここに住ませろやー」「毎日『お帰り』って言わせてくれへん?」「赤い糸が見つかった。俺らが少子化止めたろやんけ」「俺でよかったらずーっと笑わせたげんで(好きな人にはそばにいて笑わせてほしいなあと思って)」「僕と種を土に入れて育ててくれないか?」…真剣なものからウケ狙いまでいろいろ出てくる。

 みんなで投票してクラス大賞を決めるのも、知恵を共有できて将来役立つだろう。入賞者は確かに20歳以上が多くなるが、以前高級ホテルカップル宿泊券を獲得した例もあるので勝機はある。卒業後すぐに結婚を考えている高校生には有利!?

(つづく。『月刊HR』10月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今号の担当 札埜 和男)

※高生研全国大会(大阪大会)総括実行委員会は9月22日。ご案内は下記9月14日記事をご覧ください。

« 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(上) | トップページ | 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(下) »

大阪高生研総会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(上) | トップページ | 【立ち読み】ことば遊びで楽しい夢を(下) »