おすすめ情報

本の紹介

« 早蕨10月号、いかがですか | トップページ | 比嘉さん、たつ! »

2009年10月31日 (土)

【立ち読み】『スキマ時間』にコミュニケーションゲーム(下)

【26発目】ちょっと高度?なコミュニケーションゲーム  (30分)

「ありゃあ、文化祭の反省LHRが30分も時間あまっちゃったなあ。反省することもないくらいに盛り上がったもんなあ。そしたらまたまたゲームでもやろうか。 
 よし、また2人組になって。ウォーミングアップや。イスに座ったままでいいよ。
 お互いに向かい合って握手してごらん。では、次に、握手した手を少しゆるめて、手のひらの間隔を少しだけあけてごらん。」

 
「次に、2人の間でタコとタヌキを決めて。どちらかの人がタコで、もう一方がタヌキ。決めた?」

 
「では、先生が『タコ』と言ったらタコの人は、相手の手を握る。タヌキの人は捕まらないように手をさっと引く。『タヌキ』と言ったら、その逆。単純なゲーム」

 
「ではいきます。タ、タ、タ、タ、タヌキ!!」
「タ、タ、タ、タ、タコ!!」

 
「次はちょっとスリリングなゲームいこうか。また2人組になって。今度は左手で握手。次にじゃんけんをして、勝った人は、握手している相手の手の甲をそのまま叩きにいく。負けた方は、右手で手の甲をかばってやる。軽くやってね。本気でやると痛いよ……。そしたら、よーい、ドン!」

 
「じゃ、次はちょっと高度なコミュニケーションゲームやでえ。言葉を使わないコ
ミュニケーションゲーム。では、掃除の班で一度集まってごらん。」
「さて、今から、その班の中で声を出さずに、誕生日の順に並んでもらいますよ。いいですか。これぐれも声を出さないように。それから指で文字をつくるのも禁止ですよ。声を出さずに何とか互いにコミュニケーションを工夫して、先頭を1月1日、ラストは12月31日まで、誕生日の順に並んでください。一番早くできた班には、素敵な賞品があるよ……さあ、ヨーイ始め!」

 ちょっとしたスキマ時間。こんなゲームをやってみるのもまた一興。

(『月刊HR』11月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今号の担当 首藤広道)

« 早蕨10月号、いかがですか | トップページ | 比嘉さん、たつ! »

大阪高生研総会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早蕨10月号、いかがですか | トップページ | 比嘉さん、たつ! »