おすすめ情報

本の紹介

« 「盛会御礼!!大阪総会」③ 初日から濃密! 山野講演 | トップページ | 「盛会御礼!!大阪総会」④ 大満足!の桂蝶六師の落語講座(上) »

2010年1月16日 (土)

【立ち読み】生徒の隠れた“ホンネ”を引き出す小ネタに挑戦②

【34発目】途中のスキマに……BGM作戦 (5分)

  次は、BGM作戦である。プリント授業で、当てられた生徒が板書している間、他の生徒は各自で解き、そして板書の答えと見合わせながら、プリントを埋めていく。その間15~20分とかなり静かな時間が流れる。当てた生徒が「これでいいか?」や「わからない」と質問をしに来て、それへの受け答えも楽しいが、どうもこの時の静けさが気にかかり、私の説明に移る3分前頃を見計らって、区切りのBGMスタートである。

 「この曲が終われば、説明に移るぞ!」という合図がてら、私の好きな曲(「ELT」「平井堅」「キロロ」etc.)を流して、自分癒しをしている。しかし、これに強い反応があった。「もっと流して!」「あの曲も流してえな」「先生、このBGM最高!」「よけいに勉強がはかどるわぁ」~手持ちの曲がなくなれば、次は生徒にテープやMD、CDを準備してもらった。本業からずれない程度に、お互いに楽しんだ。時折、授業に関係した音楽(「18・19世紀ヨーロッパ音楽」や「音で聞く世界史」等)もうまく織り込みながら。

 【35発目】青春を考える曲レポート(10分)

 スキマを本業にしてしまったのが、現代社会の「青年期」の授業で、『青春を考える私のお薦め曲』のレポート課題である。推薦書(レポート)をつけて、その曲が入ったMDなどを提出させた。毎時間ごとに一本ずつ曲を流し、その歌に込められたメッセージを発表者の推薦書をもとに、みんなで読み解こうというものである。

 さすが生徒のベストの1本は、私も納得できるいい曲ばかりであった。レンタル屋にいかずとも、今どきの高校生の好きな曲を手に入れ、ニューアーティストなるものの新たな「発見」をすることができた。(ただ、何人ものファンになってしまい、アルバムを求めてレンタル屋に通うハメになるのだが。)音楽は、途中のスキマを埋めるのに最適のものとなった。

  (つづく。『月刊HR』(学事出版)2月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」 今月の担当 高山亨

« 「盛会御礼!!大阪総会」③ 初日から濃密! 山野講演 | トップページ | 「盛会御礼!!大阪総会」④ 大満足!の桂蝶六師の落語講座(上) »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「盛会御礼!!大阪総会」③ 初日から濃密! 山野講演 | トップページ | 「盛会御礼!!大阪総会」④ 大満足!の桂蝶六師の落語講座(上) »