おすすめ情報

本の紹介

« <2月例会感想④>若手研究者の方より | トップページ | 近畿・北陸ブロックゼミin滋賀の報告です② »

2010年3月13日 (土)

近畿・北陸ブロックゼミin滋賀の報告です①

   近畿・北陸ブロックゼミに参加された皆さん、ご苦労様でした。全体会、分科会とも示唆に富んだ内容の濃い講演・報告で、いろんなヒントを得ることができました。

 1日目の児美川さんのお話は、2月例会の井沼さんのお話ともつながるものでした。戦後の民主教育(平和・平等を目指すもの)への反動として新自由主義的教育施策が行われるようになり、つまりは剥き出しの資本主義が自己責任論の席捲と共に幅を利かせてきました。戦後すぐはパイ全体を大きくし、なるべく全体に行き渡るような施策が行われてきたのですが、それが限界に達し、一部のエリート、「勝ち組」にとってのみ住みよい社会に変えられてきたわけです。ところが、自殺者は11年連続で3万人を越えるし、景気は一向に上向きにならず、いわゆる「勝ち組」にも暮らしにくい社会になってしまいました。


 20年かけて変えられてしまった競争・対立の社会を、これから20年かかるかもしれないが、協力し支えあう社会にしていこう、そのために教育が果たすべき役割を担おう、というお話でした。

  この後の企画ですが、添付したように5月16日(日)、大阪府大でスクールソーシャルワーカーについてのワークショップを行います。


                    (牧口記・ワークショップの詳細はつづきます)

« <2月例会感想④>若手研究者の方より | トップページ | 近畿・北陸ブロックゼミin滋賀の報告です② »

近畿北陸ブロックゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203805/47804622

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿・北陸ブロックゼミin滋賀の報告です①:

« <2月例会感想④>若手研究者の方より | トップページ | 近畿・北陸ブロックゼミin滋賀の報告です② »