おすすめ情報

本の紹介

« おっちゃんおばちゃん軍団デミオの旅(上) | トップページ | 今年の全生研大会は滋賀・長浜で。 »

2010年5月30日 (日)

 おっちゃんおばちゃん軍団デミオの旅(中)

(昨日のつづきです)

     
 翌朝、小鳥のさえずりを聞きながら至福の3湯を終え、前日に続き澄み渡る青空の下、山中湖を目指して出発。
しばらく走って乙女トンネルを抜けると、右には圧巻!優美に裾野を広げた富士山がくっきりと。
富士山の絶景ポイントとして知られる「富士見の茶屋」で車を停め、しばしうっとりこの素晴らしい景色を眺める。


それから、運転手をずっと務めてくださった首藤先生と御殿場でお別れし、急遽、お勧めの「忍野八海(おしのはっかい)」に立ち寄る。
忍野八海は、富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、湧水となって8か所の泉になったもの。
国指定の天然記念物、名水百選に指定され、その水の透明度は非常に高い。
十数年前初めてこの池を見たときの感動が忘れられず、「もう一度」という思いがここに実現。
微かな記憶とそこら中に「すぐそこ」と書かれたいい加減な(?)看板を頼りに、その吸い込まれそうなコバルトブルーに染まる池を探す。
忍野村に点在する大小八つの池。
水深わずか30cmの小さな池を見た時は、だんだんその記憶に自信がなくなり、中村先生の怒りが爆発しないかとハラハラドキドキ。
しばらく探し歩いてやっと念願の池に辿りつき、ホッと胸をなでおろす。
ここ十数年の間、心無い人たちにお金を投げ入れられたその池は、底なし池のような神秘的な趣を半減してはいたものの見事に澄み切っていた。(後日調べてみたら、この池は人工池らしい…)

(もう1回つづきます)

« おっちゃんおばちゃん軍団デミオの旅(上) | トップページ | 今年の全生研大会は滋賀・長浜で。 »

全国大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おっちゃんおばちゃん軍団デミオの旅(上) | トップページ | 今年の全生研大会は滋賀・長浜で。 »