おすすめ情報

本の紹介

« 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?① | トップページ | 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?③ »

2010年6月29日 (火)

「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?②

(昨日記事のつづきです)

各班、どんどん準備をすすめていきます。が、ここで私たちより一足先に河原でコーヒー豆を煎っている見知らぬ男性がお一人。現地企画係のMさんが、今回、ゲストで招いてくれたWさんです。ふだんは会社にお勤めだそうですが、福祉やボランティアなどの活動をされていて、今回はシャボン玉のパフォーマンスと水だしコーヒーなど珍しいものを持参していただきました。また、TS-1の審査員にもなっていただきました。

 Mさんから紹介いただいた後、各班どんどん準備がすすみます。ここで各班メニュー紹介。

 ゾウ班は「にら肉炒め」と「梅入り土手焼きソバ」ちなみにゾウ班は和歌山出身者が多く、それでウメだそうです。カピパラ班は「あんかけ焼きソバ」「ぎょうざ」ここはシェフMがいるので、実に本格的。餃子の皮は1から手作りです。買い物の最中から気合を伺えました。トキ班はネーミングが「サムライブルー1と2」。ここは、全員の食べたいものを全部そろえたのがウリです。クマ班は「トンペイ焼きとギュウヘイ焼き」「海鮮焼きソバ」。焼きソバがスパゲッティを使っているのがミソでした。

 私は、審査委員をおおせつかって、各班ができあがるたびにもってきてくれて試食できたのでこれは幸せでした。審査員には、本日参加の唯一の高校生Kさんも加わってくれました。Kさんは観光学科をめざす高校生、今日の泉州再発見のツアーに強い興味をもって参加してくれたのでした。また、彼女はお土産に「IKORA!WAKAYAMA!!」という手製の冊子を持ってきてくれて、これがまたこだわりの和歌山素敵なところ紹介になっていて、和歌山に行こうと思わせてくれるすぐれものでした。これを生かしたメニューを考えたのがゾウ班でした。(首藤広道。まだまだつづく)

« 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?① | トップページ | 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?③ »

例会・学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?① | トップページ | 「史上最強の遠足」は、やっぱり「最強」だった!?③ »