おすすめ情報

本の紹介

« 夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ② | トップページ |  夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ③ »

2010年7月 9日 (金)

新潟“行商”に行ってきました。

 佐藤です。
 
 
 先の週末、新潟の公立、私学の組合の先生方にお招きいただき、おまかせHR研究会の“行商”をしてきました。
 中村、西村、牧口、佐藤の4名。
 ナカミについては、「札幌大会応援ブログ」に牧口さんが書いていますので、どうぞそちらをご覧あれ。(7月7日付け)
 
 さて、乗りのいい参加者各位のご協力を得て、われわれのワークショップが晴れて終了。
 最後に夏の札幌大会ご案内をおこなったところ、参加者の1人、A先生(新潟・某私学勤務)が、
「続いてご案内させていただきます」
 と、立ち上がりました。
 
「来週、新潟高生研の例会があります。興味ある方、ぜひ、ご参加ください」
  
 不勉強の佐藤は、新潟高生研と言えばいつも西村さんとプロレスごっこをしている若手のTさんやその同僚、Nさんしか知らなかった。
 しかし、Aさんが続けておっしゃることには、
「参加者数は少ないけれど、2ヶ月に1回、ずっと例会を続けています」。
 
 その夜の懇親会では、A先生の実践(※露骨な「組合つぶし」を企てる経営側&その息のかかった学年団教師たちとたたかいながらクラス実践をすすめていったもの。思わず「沈まぬ太陽」を思い出した)をじっくり聞きました。
 ほかの新潟の先生たちからも、
 
「高校生活指導、毎号楽しみなんですよ。最近の特集テーマ、おもしろいですね」
「若いころの自分の夏休みは、私教連の大会と高生研の大会をはしごするのが恒例でした。高生研に育ててもらいました」
  
 など、「高生研話」が続々。
 ここ数年、大会や全国委員会に顔を出させてもらい、「最近の高生研」をわかった気になっている自分を恥じました。
 全国500人の会員の方々は、ぼくなんかの全然知らないところで地道に実践を積んでおられ、「高校生活指導」を楽しみにしておられるんだ――。
  
 われわれを新潟に呼んでくれた同組合の若手役員・Yさんを口説いて、札幌大会参加者1名GET!
「新潟からYさんを派遣します。しっかりいまの高生研をみてきてもらいます」
 と、新潟の皆さんから。
 
 
 そう言えば、札幌大会のテーマは「つながりなおし」だったよなあ、しみじみ思い起こした越後の旅でした。

« 夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ② | トップページ |  夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ③ »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ② | トップページ |  夏にこんなのやります。「自己責任」「アリとキリギリス」論ってどうよ?!ワークショップ③ »