おすすめ情報

本の紹介

« 【大会留守番隊も躍動②】祝・4連覇! | トップページ | 北海道大会に感謝(報告3) »

2010年8月20日 (金)

【立ち読み】教科でやってるゲームを拝借(下)

【57発目】性格テスト(血液型) 10分

 となりにいる生物の先生に、教科でやっている面白いゲームはないかと尋ねると、性格テストを教えてもらった。しかも、血液型に関するもの。
 このテスト、あらかじめ仕込みがいることをお断りしておかなければならない。わたしが頂いたのは、40問の性格に関する事柄を書いたプリント。

質問 次の文章が、自分に当てはまると思うものに○をつけなさい(10個程度)。
1.何事に対しても手を抜かずに丁寧に取り組む。(   )
2.「明日できることは今日やらない」というのがモットーだ。(   )
3.たくさんの人に見られているような場でも、滅多に緊張しない。(   )
4.世話を焼くのが好きだが、「おせっかい」と言われるととても傷つく。(   )

というような項目が40問ある。これらについて一つひとつ自分の性格に当てはまるかどうか回答させる。
 実はこの質問、市販の血液型性格判断からの引用で、1はA型・2はB型というようにあらかじめこちらは分かっていて、回答後、それぞれの項目が、何型の性格だと書かれていたか種明かしをする。そして、全回答数分の自分の血液型の性格と思われる回答数を算出すると、おおむね25%をピークとした正規分布というものになるら

しい。この結果は、ランダムで○をつけても同じようになるらしく(なにしろ、自分の血液型と思われる文章表現は4分の1、すなわち25%なのだから)血液型と性格の間には相関関係はないことの証明になる。
 クラスでやってみた。最初は性格判断と聞いて楽しくやっていたが、計算もさせて
種明かし(血液型と性格の間には相関関係がない)しても生徒はピンとこないらしく「せんせー、血液型性格テストって、よう当たるよなあ」などと言う者も出てくる。「そういうあなたってぜったいB型」と思う自分も、かなり血液型性格判断難易に毒されているのは確か?
時間があれば、血液型を取っ掛かりに「偏見」に関する人権学習につなげたい。
紙面の都合で40問すべて載せられないのが残念だが、血液型性格判断の本を片手に40問の問題をつくってみては。

(おわり。『月刊HR』(学事出版)9月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今月の担当 西村 明子)

« 【大会留守番隊も躍動②】祝・4連覇! | トップページ | 北海道大会に感謝(報告3) »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大会留守番隊も躍動②】祝・4連覇! | トップページ | 北海道大会に感謝(報告3) »