おすすめ情報

本の紹介

« いつでも使える例会・役割分担フォーム | トップページ | 西谷文和さん~イラク 深き淵より~ »

2010年9月 4日 (土)

【立ち読み】早蕨8月号④ 「自己責任論」「アリとキリギリス」論ってどうよ!? ~ホームレス問題の授業から考える~(前)

 7月30日に行われたワークショップ。Mさんのルポ(抜粋)です。

(前略)中学校の国語の授業で2学年にわたってホームレスや貧困についてうわべだけではなく深く学習させたこの実践は単純にすごいです。同じ班の中学校の先生方も、授業時間の関係で、あるいは親も生徒も受験にしか関心がないといった理由でここまでの授業はなかなかできないとおっしゃっていました。

 しかしこの実践のすごさは柏木先生ご自身が「授業を通して私は自分の生活を変えることになった」事にあると思います。日曜日の炊き出しに参加し、毎週木曜日の「夜回り」に参加しそしてその輪はご自身の娘さんや生徒ら若い世代に広がっていく。「学ぶ」ということは自分を変革し、そして社会を変革すること。ずいぶん前に高生研の全国大会で聞いたことばを思い出しました。「活動に参加する中で、私自身がどう変わるのか、そのことも楽しみの一つである」ということばで結ばれています。「自身を変革するような授業」。私は高校で生物を教えていますが、はたしてできるでしょうか?(つづきます)

« いつでも使える例会・役割分担フォーム | トップページ | 西谷文和さん~イラク 深き淵より~ »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつでも使える例会・役割分担フォーム | トップページ | 西谷文和さん~イラク 深き淵より~ »