おすすめ情報

本の紹介

« “しょう”先生、ありがとうございます。 | トップページ | 「基地」ではなく、「修学旅行」の有力候補地 »

2010年9月28日 (火)

「パーソナル・サポート・サービス」って?

 こんにちは、首藤です。ときどき湯浅誠さんから【転送歓迎】のメール案内をいただきます。今回は、「パーソナル・サポート・サービス」について。めざすものは福祉・雇用分野にまたがる「個別・継続的・包括的支援」だとか。最近、私は若者サポートステーションに関心をもっていますが、共通点とかあるのかなあ・・・などと。興味深く見ていきたいと思います。11月27日(土)のサ連協の集会でも語ってもらいましょうか・・・。

以下転載

みなさま
私が内閣府参与として関わっている「パーソナル・サポート・サービス」のモデル・プロジェクトが2次募集を行います。現在、モデル・プロジェクト第一弾として、北海道釧路市、神奈川県横浜市、京都府、福岡県福岡市、沖縄県が決定しており、11月より順次スタートす
る予定ですが、来年度から20箇所程度に増やす方向で、そのための2次募集です。
 パーソナル・サポート・サービスは「人的ワンストップ」を実現するための、福祉・雇用分野にまたがる「個別的・継続的・包括的支援」を目指しており、各都道府県に積まれた基金(緊急雇用創出事業基金)を活用するため、申込権者は都道府県(および政令市・中核市)ですが、1次モデル・プロジェクト地域がNPO委託でやっているように、各地のNPOの協力なくしては実現できません。10月5日に予定されている説明会には、NPOも出席可能ですし、地域によっては実現に向けてNPOから行政に働きかける必要がある場合も出てくるのではないかと思います。また遠方から出席が困難な団体のために、当日の説明会の模様をインターネット中継することも検討中です(URLが決まりましたら、別途お知らせ
します)。よろしくご検討ください。

なお、「パーソナル・サポート・サービス」の概要については、以下のURLに
これまでの資料がアップされています。 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kinkyukoyou/suisinteam/index.html

【モデル・プロジェクト(第2次分)の実施に関する説明会】
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kinkyukoyou/suisinteam/PSSmp2/index.html
パーソナル・サポート・サービスのモデル・プロジェクトについては、第1次分の5か所に加えて、今年度中に20か所程度に拡大することが経済対策で打ち出され、必要な予算も予備費により手当てされたところです。これを受けて、第2次分の実施を各都道府県にご検討いただくため、10月5日に内閣府で説明会を開催することといたしました。厚生労働省の協力を得て、各都道府県の雇用担当部局や福祉担当部局に対しては説明会の開催について通知することとしておりますが、行政関係者に加えて、パーソナル・サポート・サービスの実施を検討する民間団体なども参加できるように考えております。会場の都合上、1団体2名までに限定させていただきますが、上記リンクから参加申込書をダウンロードしていただき、内閣府までFAXで申し込んでいただければ参加が可能ですので、お知り合いにパーソナル・サポート・サービスに興味をお持ちの団体がありましたら、ご案内をいただけると幸いに存じます。

参加登録書はこちら↓
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kinkyukoyou/suisinteam/PSSmp2/mousikomi.pdf

湯浅 誠

« “しょう”先生、ありがとうございます。 | トップページ | 「基地」ではなく、「修学旅行」の有力候補地 »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “しょう”先生、ありがとうございます。 | トップページ | 「基地」ではなく、「修学旅行」の有力候補地 »