おすすめ情報

本の紹介

« 今週末は全国委員会です。(上) | トップページ | みんなが幸せ大作戦⑥ »

2010年12月 7日 (火)

今週末は全国委員会です。(下)

Kさんの出された新提案骨子は以下のようになっています。

 新しい全国高生研の組織・運動の骨子
(1) 会の目的に賛同する個人を会員とする組織
(2) 全国高生研の組織は、地域高生研とは独立した組織で、地域高生研とは対等・平等の関係でつながる。
(3) 小委員会を研究活動の基本とし、会員なら誰でも委員会に参加できる。
(4) 若者支援にかかわる個人や研究団体と連携をして「18歳を市民に」を具体化していく実践研究を追求する。「地域高生研連絡協議会」を開催して地域と協同で研究・運動をすすめる。

一方、先日、上京する首藤・井沼・佐藤、そして検討委員会の西村さんが口角泡とばす議論をしまして、全国委員会に臨む態度を決めました。代表の詫磨さんからも「強く支持する」と力強い後押しがありました。その内容は、

1.これまでの高生研の成果を引き継ぎつつ、時代に応じた新しい実践研究・運動体を構想する、というスタート地点を確認する。そのうえで、

2.札幌総会で決定された仮事務局を実質化する。具体的には「目的・研究指標検討委員会」と「組織・運動づくり検討委員会」の2つの小委員会をおいて、正式の事務局として2012.7月までの活動を開始する。組織検討委員会は、事務局の活動に発展的に解消する。高生研会員の2012新高生研事務局への立候補を全国委員会まで受け付ける。当日、全国委員会に来れない場合でも、このMLへの立候補表明で立候補とする。

3.2013年に全国大会(または交流集会)を、第51回として行う。(旧高生研との連続性をもたせる。)

これは、課題の先送りと受け取られる向きもあるかもしれませんが、小委員会をつくるというのがミソです。仮事務局のもとに小委員会をつくって、もっと幅広く議論をしていこうということです。全国各地に出向いていって、フォーラムを開催するなど、いろんなとりくみをやって楽しく組織問題を考えていこという4人の間ではけっこうワクワクして話し合った結論です。このワクワク感を大阪のみなさん、早蕨会員のみなさん、そして多くのみなさんと共有したいと思っています。

というわけで、会員のみなさんには、今後の成り行きに注目してください。そして、「やってておもしろい教育サークル・高生研」をぜひご一緒につくっていきましょう。

« 今週末は全国委員会です。(上) | トップページ | みんなが幸せ大作戦⑥ »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週末は全国委員会です。(上) | トップページ | みんなが幸せ大作戦⑥ »