おすすめ情報

本の紹介

« 卒業間近、スキマで楽しむ(中) | トップページ | 西谷文和さん、国境なき芸能団と。 »

2010年12月16日 (木)

卒業間近、スキマで楽しむ(下)

【卒業式の日に埋めるタイムカプセル作り】     30分

  卒業式の日、クラスみんなでタイムカプセルを埋めるのはよくやること。ベタではあるが、卒業式の日のクラスの儀式としては感動的でクラスのこれからのつながりも意識できていい取り組みであると思う。
  10年後、または20年後など開ける日を決定し、スキマ時間で、その日のための中身を考えるのだ。

「おれは、大事なものをいれておこう」「あたしは、自分の写真を入れよう」等々、大いに盛り上がりながら生徒たちは、それぞれの入れるものを考える。もちろん担任も何を入れるか考えよう。そして、それと一緒に、「10年後(20年後)の自分への手紙」を書いて入れると、開けるときがいっそう楽しみであろう。


  スキマ時間の30分で手紙も書こう。きれいな封筒と便箋を、クラス費で買っておくといいだろう。

  卒業式当日、各自の入れたいものと手紙を入れ、クラス全員で写真を撮り、その写真も中に入れて、タイムカプセルは完成。  後は、目印を決めてみんなでタイムカプセルを埋めればおしまい。期日に集合することを約束し、それぞれの方向へ歩いてゆくのである。

(おわり。『月刊HR』(学事出版)1月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今月の担当 加藤都)

« 卒業間近、スキマで楽しむ(中) | トップページ | 西谷文和さん、国境なき芸能団と。 »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業間近、スキマで楽しむ(中) | トップページ | 西谷文和さん、国境なき芸能団と。 »