おすすめ情報

本の紹介

« 湯浅誠さんからの「転載歓迎」イベント案内 | トップページ | 今週末は全国委員会です。(下) »

2010年12月 6日 (月)

今週末は全国委員会です。(上)

  首藤です。

 師走に入って、一時暖かかったのですが、先日の嵐が過ぎて、今週は寒くなりそうです。いかがお過ごしでしょうか。今週末の土日に東京で全国委員会が開催されます。組織問題の議論と来年の名古屋大会の実行委員会立ちあげが大きな課題です。組織問題で言えば、この間、組織問題検討委員会のMLが沸騰しています。

 ML読者のみなさんは、すでにご存じの方も多いと思いますが、高生研の現常任委員会は2012年夏に解散となります。執行機関・指導機関としての常任委員会が解散するわけですから、新しい体制・新しい高生研をどうするのかということで、一昨年に組織問題検討委員会が発足して、議論を積み重ねてきました。今年の夏の大会で一定の方針案が出ましたが、総会での議論を経て、新しい組織形態の構築にむけて「仮事務局を置く」ということまで決まっています。

 先日、大阪でサ連協集会が開催され、多くの民間教育系サークルが集いました。どのサークルも担い手はまだまだベテラン中心で、組織の若返りがすすんでいない状況がみてとれました。これは、組織としての新陳代謝をはかるという問題だけではなく、大きく言えばグローバル化の中でどのようなサークル運動をつくっていけば時代の課題に応えることができるのか、何より、サークル会員が「おもしろい!!」と思えるサークル運動をどうつくっていくのか、全国的な課題だなと思った次第です。

 さて、今度の全国委員会で何が話し合われるのか・・・。今、“新高生研”の形について、大きく言って5つの案が出ています。北海道大会で議論された検討委員会の原案。その後、ML上での議論を受けて検討委員長のKさんがMLに出した新提案。そして、大阪からは、井沼・佐藤・首藤の3案です。

                      (つづきます)

« 湯浅誠さんからの「転載歓迎」イベント案内 | トップページ | 今週末は全国委員会です。(下) »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯浅誠さんからの「転載歓迎」イベント案内 | トップページ | 今週末は全国委員会です。(下) »