おすすめ情報

本の紹介

« オブザーバー参加歓迎! 12月23日(木)は事務局&編集会議をハシゴで。 | トップページ | 奈良教育大で300人の学生さんと »

2010年12月22日 (水)

【立ち読み】高校生活指導187号① 元祖「困らす生徒」は、いま「困っている生徒」の応援団長①

特集1は「「困らす」生徒の指導」。
佐藤がここのところ授業に来てもらったりして親交の深い卒業生・はねまるくんとのことについて書いてます。
(はねまるくんとは、きのうも首藤さんや西谷さん(ジャーナリスト)、長島さん(写真家)らと一緒に飲んだ)
  冒頭章を立ち読み。

<以下>

元祖「困らす生徒」は、いま「困っている生徒」の応援団長

                  佐藤 功(大阪高生研)

すわッ、出入りか!

 前任・K高でのこと。
「タイヘンです。校内に改造車が乱入してきました!」
 事務室からの急報で、職員室に緊張が走る。
 二人乗り暴走バイクが大音響で校内に入ってきたり、私服の他校生たちが校舎内をうろついていたりするたび、手があいている教員全員で駆けつけるのが暗黙の了解。この日も他の先生らに混じって校舎玄関に着くと、黒塗りの派手なキャデラックが横付けされており、事務室前に怒号が響き渡っている。声の主は高校生ではないようで、かなりややこしそうだ。
 人だかりの間から、怒鳴り散らす男性の顔が少し見えた。
(あっ!)
「すみません。本校の卒業生ですわ」
 当時、K高在職歴もっとも長い私は、彼を皆に紹介しつつ、人だかりの前に出てきた。
「なんや先生、まだ(K高に)居てたんかいな」
 これが、はねまるくん(筆名)と私との、およそ十余年振りの再会だった。
 はねまるくんの奥さんが、幼稚園から帰ってきたわが子を含む数人の子どもたちを公園で遊ばせていた。そこをK高の制服を着た高校生数人が、バイクを乗り回し、危うく一人の子どもをひきかけた。
 泣く子を放りっぱなしで高校生が逃げていったと奥さんから聞き、はねまるくん、「気がついたらK高に居て吠えていた」ということらしい。
「昔やったら確実に暴れてたと思うけど、今はちゃんと話し合い(?)に来てるから進歩したでしょ」
 笑うはねまるくんはK高在学時、停学六回。最後の高三冬の無期停学時には、申し渡しが行われた校長室の机を蹴り倒したという「伝説の男」である。

            (冒頭章 もう1回つづく)

« オブザーバー参加歓迎! 12月23日(木)は事務局&編集会議をハシゴで。 | トップページ | 奈良教育大で300人の学生さんと »

高校生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オブザーバー参加歓迎! 12月23日(木)は事務局&編集会議をハシゴで。 | トップページ | 奈良教育大で300人の学生さんと »