おすすめ情報

本の紹介

« 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(下) | トップページ | 野球部員、演劇の舞台に立つ!~熊本高生研1月例会報告記~ »

2011年1月24日 (月)

【立ち読み】食べ物を通して考えるスキマワークショップ(上)

あっという間に三学期。クラスの人間関係が落ち着いてくるこの時期に、日ごろしにくい意見交換や討議をしてみてはどうでしょう。環境教育をテーマに、教科やHRで使える小ネタを3つご紹介します。

【74発目 カレーの向きはどっち?(5分)】

 アイスブレイクのワークショップでいただいたネタをひとつ。班討議やディベートをする前にぱっと使えます。
 はじめに黒板に皿の絵を2つ書き、
 「きっとみんなが好きな、カレーライスを食べるところを想像してみて。鼻孔をくすぐるスパイスの香り…」という具合に生徒に語りかけた後、「さて、あなたはカレールーをどっち向きにして食べてる?」と問いかけ、左右それぞれにルーが向いているカレーライスの絵を完成させます。
 意外にそれだけでクラス中がにぎやかに。目を閉じて「エアスプーン」で思い返し、生徒同士で「私、左だあ!」などと話しだす。誤りのない問いかけだから意見が言いやすいし、「ルーはご飯の上にかける」「ご飯とルーは混ぜて食べる」という少数意見も登場して “多様性”も実感できる。討論に限らず授業の導入にやってみてもクラスの雰囲気がよくなります。

 【75発目 地球のためにできる5つのこと(20分)】

 討議をあまり経験したことのない生徒におすすめなのがこれ。

 用意するものは、つぎの「5項目」とそれぞれの隣に「順位」「理由」を書く欄を設けた用紙。項目は①野菜はハウス栽培のものを避け、近場のものを買う②お皿についたカレーは古紙でふいてから洗う③使い捨てのコップや箸、乾電池などは使わないようにする④エアコンの温度をこまめに調節する⑤食肉はえさ(穀物)を大量に消費するので、なるべく食べないようにする。

 4、5人ずつのグループをつくりこの用紙を配って、「あなたなら、地球のためにどれから実行しますか。順位をつけよう。その理由も書いてね」とまずはひとりで考えさせ、その後グループ内で各人の順位付けと理由を発表していきます。

 「面倒くさくない順」、「CO2削減ができる順」、「肉食はやめられない!」など基準は人それぞれ。自分と同じ順位の人がいてうれしく思ったり、なんで自分は1位にしたのに他の人は5位なの?と疑問がわいたり。わいわいと意見を交換しあえます。

時間があるなら、グループで統一した順位を決めさせるのもよし。「COP16」のように、価値観の異なる者同士がひとつのテーマについて意見集約するのは困難。そんななかでリーダーシップを取るタイプ、意見調整できるタイプなど、生徒の特長をみることもできます。

ちなみに、ここで挙げた5項目以外にも進路選択で大切にしたいことやクラスで守りたいきまりなどなど、様ざまな項目をつくってみるのもアリ。HRだけでなく総合学習や家庭科、理科、社会科でも使えます。

(つづく。『月刊HR』(学事出版)2月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今月の担当 梶山絵美子)

« 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(下) | トップページ | 野球部員、演劇の舞台に立つ!~熊本高生研1月例会報告記~ »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(下) | トップページ | 野球部員、演劇の舞台に立つ!~熊本高生研1月例会報告記~ »