おすすめ情報

本の紹介

« 詫磨秀雄 代表退任のごあいさつ | トップページ | 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(上) »

2011年1月21日 (金)

ブログ管理人2号・城塚です。

 お気づきです……よね。

 当ブログ、久しぶりにデザインが変わりました。
 懸案だった「高生研&全生研KINKI教育ゼミナール2011in京都」(3月5~6日)要項へのリンク(→)も、「名古屋大会応援ブログ」へのリンク(←)もはれました。
 さっそく「一面の銀世界と青空の背景が美しい」という感想メールもいただきました。

 ブログ管理人第2号・城塚、「ブログなんて初めて」と言いながら、日々進歩です。
(さすが、「朝刊太郎」使いこなしのIT名人!)

 若手のフレッシュな原稿をどうぞ。

<ここから>

 華々しく文壇デビューを果たすことになりました城塚俊彦です。ブログの「ブ」の字も知らない私が、「教育ブログ」を果たして書けるのか!?「国語教師でそんなもんか!」という声もあるでしょうが、今後ともお付き合いのほどを。

さて、第1弾は「掃除」についてです。私の高校では、「ほうきを持っているだけで、掃除をした」気になっている。「キレイにすることが掃除ではないのか?」と、ヤイヤイ言いながら奮闘している毎日です。

ところで、最近、ツイッターで、現役の中学生から「学校掃除不要論」が提起され、論争を巻き起こしている。このツイートは、大阪府豊中市の公立中学に通う西田○○君(実際は顔写真付き、実名で投稿)。「学校掃除ってあんまり要らない気がする。生徒じゃなくて業者が掃除すれば学校ももっときれいになるのに……」とつぶやくと、この発言が注目を集め、それに反対する大人が多数あらわれた。「日本の学校掃除は教育の一貫でもあるらしいよ」→「学校掃除に教育効果があるのか甚だ疑問です」(西田君)「社会に出た時トイレの掃除すら出来なかったらどんなことに」→「やり方なんてGoogleで調べます。」(西田君)と、「大人vs.中学生の西田君」とのアツいやりとりは、さらなる意見を引き出す結果に。

「『当たり前』ですまさず、何でも疑問に思う姿は素晴らしい!」「自分の身の回りは自分できれいにするのが筋だろ」「顔・名前に中学校名まで出して大人と議論しているだけでも、この子タフだ」「こういう、理屈を並べ立てて大人に反抗する人は、自分は好きだ」「西田君、そんなことはいいからさっさと掃除しなさい」など、賛否の意見などで大盛り上がり。しかし、西田君に「掃除をします」と言わせた大人は1人もいなかった。

ただ、西田君自身は後にこう語った。「掃除がしたくないのではなく、キレイにならないならする意味がない。清潔好きな自分としては学校という場はどこもかしこも汚いので嫌になる。掃除をするインセンティブ強化策を考えて生徒会に提出してやる!たぶん却下されるけど」と述べ、清潔な環境を求める西田君だが、大人顔負けの語彙にビックリ。こんなコトを感じながら、「どうすれば掃除がきっちり出来るようになるのか?」いろんなヒトの意見を聞きたいです。「掃除の裏技100連発」も可能か?(笑)

私と言えば、「インセンティブ」の意味を、Googleで調べています。ただツイートしたような文章ですみませんでした。

« 詫磨秀雄 代表退任のごあいさつ | トップページ | 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(上) »

点描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詫磨秀雄 代表退任のごあいさつ | トップページ | 伊波洋一前宜野湾市長とのコラボも決定! 「西谷文和&おまかせHR研究会と行く沖縄・辺野古スタディツアー(別称:史上最強の修学旅行下見)」(上) »