おすすめ情報

本の紹介

« 【速報】大盛況! 50人超え! | トップページ | 【立ち読み】早蕨・12月号⑤ 期待(?)の新連載! 関西パワースポット巡り »

2011年1月11日 (火)

大阪高生研総会は大盛況50人超え! ②

 みなさん、こんばんは、首藤です。

 2011年大阪高生研総会は大盛況!1日のうち第1部総会から第4部の記念講演まで、受付簿には講師を除くと52名のお名前。講師の青砥先生とコメンテーターの中嶌さん(地域労組おおさか青年部)を含めると54名のご参加をいただきました。本当にありがとうございました。ぎりぎりまでしつこいくらいにメールした成果なのか、「時間があいたので来ました。」という方もおられて、甲斐がありました。何より、そういう方が、「来年、担任をもちますが、ワークショップ役にたちそうでおもしろかったです。」と感想を言って寄せてくれたのが何よりでした。

 「総会」「ホームルームのネタ試します」「初めての担任は」実践分析2題、記念講演「ドキュメント高校中退」、と沖縄料理の懇親会。いささかテンコ盛りの感はありましたが、それぞれ中味は本当に充実していました。

 第1部総会は最終21名のご参加。2010年をふりかえり、2011年の活動方針を論議しました。基本方針は、例年を踏襲しますが、やはり「会員の学びの要求の掘り起こし」とそれに基づく多彩な活動を追及することが柱になります。
 特に、昨年以上に若手が自分たちの要求を具体化していけるように活動を工夫することが確認されました。昨年の例会は、『高校生活指導』188号の第1特集第2特集に結実しようとしています。編集作業を通じて、大阪の研究が深まり、携わったひとはもちろん、サークル全体の力量も高まったといえます。大きな特徴だと総括されました。こうした、研究とその成果の表現、そこに若手もベテランもどんどん参加していく、そうしたとりくみを今年も旺盛にすすめようと方針論議の中でその趣旨を確認しました。

 また、今年は「新しい高生研の立ちあげに向けて積極的に議論をすすめる」と方針に位置づけました。どういう新高生研をめざすのか・・。総会議案書の「新高生研たちあげのための覚え書き」は、多くの示唆に富む、今年の目玉論文と言えるでしょう。まだ、完成途上ですが、参加者の感想にも、大いに刺激を受けたというコメントがありました。

                                        (つづく)

« 【速報】大盛況! 50人超え! | トップページ | 【立ち読み】早蕨・12月号⑤ 期待(?)の新連載! 関西パワースポット巡り »

大阪高生研総会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【速報】大盛況! 50人超え! | トップページ | 【立ち読み】早蕨・12月号⑤ 期待(?)の新連載! 関西パワースポット巡り »