おすすめ情報

本の紹介

« 2月20日(日) 大教組青年フェスタで「おまかせ」が講座やります | トップページ | シンポジウム、「子ども・若者の貧困 何ができるのか -貧困施策と学校施策のリンク」に参加しました(上) »

2011年2月18日 (金)

終わりよければすべてよし! 気持ちよく1年を締めくくるこの小ネタ(中)

【79発目】漢字の森に包まれて(20分)

 卒業式(もしくは終業式)式典で生徒たちが教室をあけているときに、事前に右で集めた「漢字」や「熟語」たちを前後の黒板や教室じゅうにはりだそう。副担や他学年の先生に趣旨を言ってお願いする。クラスの雰囲気や書かれた内容によって、全員分をはりだす、抜粋してはりだすなど考慮する。生徒が教室に帰ってきたら一瞬のもとに素敵なデコレーションに包まれていることが演出のポイント。

 担任が遅れて教室に入っていくと、生徒たちはそれぞれの「思い出の一文字」の前でときどきを振り返っている。エピソードを共有しあったり、だれの作品なのかを当てっこしたり、その後の時間は自由自在に。


(つづく。『月刊HR』(学事出版)3月号発売中。おまかせHR研究会の連載「スキマ時間の小ネタ100連発」今月の担当:佐藤功)

« 2月20日(日) 大教組青年フェスタで「おまかせ」が講座やります | トップページ | シンポジウム、「子ども・若者の貧困 何ができるのか -貧困施策と学校施策のリンク」に参加しました(上) »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月20日(日) 大教組青年フェスタで「おまかせ」が講座やります | トップページ | シンポジウム、「子ども・若者の貧困 何ができるのか -貧困施策と学校施策のリンク」に参加しました(上) »