おすすめ情報

本の紹介

« 辺野古不合意 | トップページ | 大規模地震 »

2011年3月12日 (土)

卒業の季節に(上)

  3月1日は我が校の卒業式でした。3年生が晴れやかに卒業して行きました。私は担任がないので、(今年は生徒会主担)式が終わった後は準備室でお弁当を食べ、国語の先生たちと談笑後、教科書の片付けをしていました。その後起こった話、聞いてください。

  片付けていると、文化祭実行委員をした女子生徒が「先生、ちょっと」と、顔を出しました。出てみると、実行委員(チーフ・サブチーフ)全員がそこにいました。そして、実行委員長の男子生徒が、「感謝状」を読み上げ、「裏も見て」と言いながら、大きなプレゼントとともに、渡してくれました。(何と卒業証書を入れるような筒もついていたんです!)裏には、全員からのメッセージが細かい字で書いてありました。それを読んで、いい年をして泣いてしまいました。

「もう涙もろいねんから」とからかわれながら、みんなで写真を撮りました。その後、生徒たちは、「クラブのお別れ会に行かな」と言って去っていきました。(ほぼ全員がクラブ員)クラブに行く直前の忙しいときにわざわざ全員集まって来てくれたのです。もううれしくてしばらく感慨に浸っていました。

  メッセージの内容は、つづく。

               
              〈だから生徒会はやめられないなあと思う教師〉

« 辺野古不合意 | トップページ | 大規模地震 »

点描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辺野古不合意 | トップページ | 大規模地震 »