おすすめ情報

本の紹介

« 島の分校、最後の1年間 | トップページ | 大阪高生研in沖縄1/「緊急シンポ」速報! »

2011年3月26日 (土)

いよいよ今夜。『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』

 先日、某シンポで、首都圏青年ユニオン書記長、河添誠(かわぞえまこと)さんがこんな話しをされていました。

「(今度の大震災で)「自粛」が蔓延すると、「それどころじゃないよ」の風潮が世を支配し、「権利を主張しない」が当たり前になってしまう」(意訳)

 当ブログ、確かに震災に対する思いも語っていますが、意識的に、震災以外の「日常」記事もしっかり載せるようにしています。
「それどころじゃない気分」は、なんとかして打破しなければならないと思うから。
「普通に権利を主張できる」世のなかを早く取り戻さねばならないとも思うから。
さもないと、被災地の方々が権利を主張したとたん、バッシングされちまう気がする。
 
 いよいよ、本日、ジャーナリスト・西谷文和さんと一緒に沖縄に飛びます。
 前宜野湾市長・伊波洋一氏とのコラボは、今夜6:30から。
(24日付け記事をごらんください)

http://osaka-kouseiken.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-9dcd.html

 しかし、実はわれわれの仲間のなかでも、「この非常時にこの企画は再考したほうがいいのでは」との声がありました。
 でも、それは違うと思う。

 大量の電力を使う東京ドームでのナイターは被災地の迷惑になるけど、「迷惑にならない」企画は、いまこそ、被災地のことを心に留めながら積極的にやるべきじゃないか。「それどころじゃない」打破のためにも。

 「被災地に思いをはせながら、日常をしっかりがんばり素敵な新学期を迎える講座」も28日の沖縄をはじめ、滋賀、大阪と予定されています。
 そこで得られる講演料は義援金として寄付し、同時に寄付も募ります。
 イチローの1億、とまでは全然いきませんが、10万単位の義援金は届けられそうです。

「毎日更新」を続けてきた当ブログですが、担当者軍団が沖縄に行くので、30日までブログの更新ができませんがご了承ください。


 ただし、担当・某氏の気力次第によっては、「オキナワなう」の更新記事があるかも?
 ちょこっとだけご期待くださいね。


          (佐藤功)

« 島の分校、最後の1年間 | トップページ | 大阪高生研in沖縄1/「緊急シンポ」速報! »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事