おすすめ情報

本の紹介

« 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(上) | トップページ | 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(下) »

2011年3月23日 (水)

おまかせHR研究会 被災地チャリティー新学期講座

 先日、おまかせHR研究会「桃例会」を、おまかせ第2のホームタウン、滋賀・長浜で行いました。
 天気はあまりよくないながらも、長浜は「江(ごう)ブーム」でかなり多くの人手。浅井家居城、小谷城を見学したあと、市内某所で「趣旨違わぬしっかりした会議」を3時間。その後、お決まりの長浜太閤温泉→鴨鍋のつどい、と、2年ぶりの長浜を楽しみました。

 さて、会議のなかで、「この未曾有の大災害に際し、われわれも何かできないか」という話しになりました。
 東北各県からは今までも何度も呼んでいただき、温かな人情に触れこちらも元気をいっぱいいただいてきました。
 毎年、新学期前の3~4月は、各地に呼んでいただき講座を行ってますが、今年の春講座は、「被災地チャリティ」ということで、講演料寄付+会場カンパを集め、東北や関東の被災地に送りたいと思います。

①プロ野球選手たちのように「ゲームをすることで元気を与える」というほどの大規模なものではありませんが、できるところで何かしたい。
「被災地に思いをはせながら、日常をしっかりがんばり素敵な新学期を迎える講座」を各地で行いたいと思います。
 3月、4月は、いまのところ、沖縄、大阪、滋賀で講座を予定しています。これらの講演料は、義援金にさせていただきます。

②他に「被災地に思いをはせながら、日常をしっかりがんばり素敵な新学期を迎える講座」を企画していただけるところがあれば、ご連絡ください。(左記「メール送信」にて)
 可能な限り、メンバーが伺います。講演料は義援金にお願いします。

③上記の会場で、募金活動を行います。

④高生研の仲間でも被災された方がおられます。お困りのことがあれば、どうぞお伝えください。できる範囲のことしかできませんが、協力させてください。

⑤その後、しかるべき機関を通じて被災地に届けます。

« 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(上) | トップページ | 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(下) »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(上) | トップページ | 『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(下) »