おすすめ情報

本の紹介

« 高生研&全生研KINKIゼミ総括会議に参加しました | トップページ | おまかせHR研究会 被災地チャリティー新学期講座 »

2011年3月22日 (火)

『緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク  沖縄から問い沖縄を問う』(上)

 サトウです。

 いよいよ、おまかせHR研究会言い出しっぺの表記シンポが今週末に行われることになりました。
「サトウさん、沖縄の地元メディア向けに今回のシンポの案内書いて」
 依頼に応じて書いた文章が、以下です。

<以下> 

 大阪に、どんなに騒いでいる高校生たちをも一瞬に「シーン!」と黙らせてしまう「奇跡の授業」があります。「イラクの子どもを救う会」代表でジャーナリストの西谷文和さん。彼がイラクやアフガニスタンで撮影した映像を使って行う授業は、衝撃です。

 最近の西谷さん撮影映像のなかに、「オレは沖縄から来たんだ」という米兵の姿が何人もみられます。

「沖縄から飛び立つ米兵が、イラク、アフガンで行っていることの映像を、沖縄の人と一緒に観てみたい」

  大阪の高校教員である私が、西谷さんと一緒に沖縄に行くツアーを企画し、在沖縄の知り合いたちに呼びかけたところどんどん話が大きくなり、表記の緊急シンポが実現しました。当日は、前宜野湾市長の伊波洋一さんも登壇を快諾。西谷さん、伊波さん、そしてフロアー交えてのトークライブ企画です。

  沖縄駐留の米兵が、沖縄から飛び立ち、イラクやアフガンで人を殺している事実。「アメリカ軍に守ってもらっているのではなく、私たちが人殺しに加担しているのかと思うと、がく然としました」。大阪の高校生の感想です。

 一介の大阪の教員が発案した企画に、沖縄の皆さんや伊波さんが応えてくださったことに感激しています。どうぞ皆さん、奮ってお越しいただき、語り合いましょう。

●緊急シンポジウム 沖縄とアフガン・イラク 沖縄から問い沖縄を問う
3月26日(土) 6時半開場  教育福祉会館(那覇市古島1-14-6TEL:098-885-9621)
参加費:資料代・映画鑑賞代・飲み物付き  1,000 円
(主催)沖縄から問いオキナワを問うドキュメント21
 問い合わせ先 0980-53-6012 屋良・宮城

« 高生研&全生研KINKIゼミ総括会議に参加しました | トップページ | おまかせHR研究会 被災地チャリティー新学期講座 »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高生研&全生研KINKIゼミ総括会議に参加しました | トップページ | おまかせHR研究会 被災地チャリティー新学期講座 »