おすすめ情報

本の紹介

« 私の4月1日② 久しぶりの担任。「担任のしかた」を忘れています。 | トップページ | 【立ち読み】高校生活指導188号③ センセーのワザ 合格者登校の日に »

2011年4月14日 (木)

29日は大阪高生研4月例会② 和歌山ラーメンを「文化」する。

 4月29日(祝・金)は、和歌山大学にて4月例会を開催します。

 6月の「史上最強の遠足」は、和歌山の離島へ行く予定です。

 そんな「和歌山づいている」最近の大阪高生研ですが、先日の事務局会議のときに、「和歌山市内には文化はあまりないんかな」という発言がありました!!

 和歌山で職を得てちょうど一年、まだまだ和歌山の魅力を知り尽くしていない私は、「和歌山城がありますよ」としか答えられませんでした。悔しい。。。

 ということで、今回は、和歌山の文化のひとつであり、和歌山市内で堪能できる「和歌山のラーメン」について紹介したいと思います。

※「和歌山のラーメン」と表記しているのは、「和歌山ラーメン」なるものが実際に存在しえるかどうかは、まだ明確に結論づけられていないからです。

 和歌山のラーメン屋に初めて入ったときに、「何だこれ?」と不思議に思ったのは、食卓の上に置かれた「早なれ寿司」。鯖の一夜寿司です。100150円で、会計は自己申告制。「お客を信頼しているんだなぁ」と和歌山の人のあたたかさを感じます。でも、ラーメンと合うかどうかは・・・私にはコメントしがたいです。通な食べ方を知らないだけかもしれませんけどね。

 「和歌山のラーメン」には、「井出系」と「車庫前系」があります。

「井出系」の中華そばのスープは、こってり感が強いそう(まだ食べていません)。早蕨201010月号の18ページで紹介されていた「丸三」は、「井出系」です。

「車庫前系」のものは、とんこつをベースにしていますが若干醤油がたっています。ちなみに、車庫は、かつて和歌浦から海南のほうまで走っていた路面電車の車庫を指すそうです。

「和歌山のラーメン」ひとつとっても、私はまだまだ歴史研究も、実地調査も、比較研究も、全然できていないなーと痛感します。

和歌山の文化、なかなか奥が深いですよ。

是非、29日にお越しください。

(和歌山のH

« 私の4月1日② 久しぶりの担任。「担任のしかた」を忘れています。 | トップページ | 【立ち読み】高校生活指導188号③ センセーのワザ 合格者登校の日に »

例会・学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の4月1日② 久しぶりの担任。「担任のしかた」を忘れています。 | トップページ | 【立ち読み】高校生活指導188号③ センセーのワザ 合格者登校の日に »