おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! | トップページ | 中西新太郎さんを聴きに行こう② »

2011年5月 5日 (木)

中西新太郎さんを聴きに行こう

井沼です。

先日の和歌山例会、例によって温泉あり、ラーメンあり、スィーツあり、地酒ありのてんこ盛りプランに、じっくり3時間半の佐藤・四反田実践分析と、濃密な1日でした。

さて、その余韻もさめやらないうちに立て続けです。GW企画第2弾!「中西新太郎氏のお話を聞きに行こう」のご案内です。

高校生活指導188号の中西さんの論文「若者が生きる現実に根ざした学校とは」をお読みになりましたか?

2000年代、貧困と格差が渦巻く社会に生きる若者に寄り添って「ノンエリート青年の社会空間」(大月書店)、「若者の気分 シャカイ系の想像力」(岩波書店)など精力的に発表してきた中西さんが、いま、高校像の転換を説得的に論じています。

時間と場所は下記の通り。「聞いてみたいけど愛知は遠いなあ」という会員諸氏、皆まで言うな。なんと大阪高生研からクルマが出ます。ということで、交通費格安。宿泊も1泊2食で3500円と格安です。(満員のときはご容赦を)残席4人です。

至急左記「メールで送信」にて申し込みください。

高生研公開講座「若者が生きる現実に根ざした学校とは」

講師:中西新太郎氏(横浜市立大学)
日時:2011年5月7日(土)午後3時~6時
会場:愛知県東海市勤労センター
概要:高校生活指導188号の同名論文に沿って講演を依頼。参加者には事前に同論文を読んでおいてもらい、内容を深める形で質疑応答。

« 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! | トップページ | 中西新太郎さんを聴きに行こう② »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! | トップページ | 中西新太郎さんを聴きに行こう② »