おすすめ情報

本の紹介

« 泉州若衆ぴらいち、充実の議論、そして都市伝説の焼肉屋へ! | トップページ | 今年の「アフター」は、世界遺産・白川郷合掌民宿1軒貸し切りだい! »

2011年5月28日 (土)

写真家・長島さん、東北へ走る

大阪大会交流会で「ほろよい対談」を行ってくださった写真家・長島義明さん。
このたびの震災でも居ても立っても居られずすぐさま東北へ。

いま、高校等で実際にみたさまをもとに「いのち」をテーマとした講演を続けておられます。

写真展の案内は、以下。

<以下>

長島義明写真展の案内

東日本大震災「その傷跡」

(内容)、
宮古、陸前高田、山田町、大槌、釜石、小御湊、南三陸、気仙沼、石巻、牡鹿半島、仙台、福島を回り震災と津波の傷跡を記録しました。
その時の写真から60点を選び、展示します。また、95年に起きた阪神大震災の写真も数点展示します。全点、カラー写真

場所、ギャラリー TOON
   大阪市西区京町堀2-3-4サンヤマトビル1F
TEL & FAX 06-6444-5141

« 泉州若衆ぴらいち、充実の議論、そして都市伝説の焼肉屋へ! | トップページ | 今年の「アフター」は、世界遺産・白川郷合掌民宿1軒貸し切りだい! »

なかま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉州若衆ぴらいち、充実の議論、そして都市伝説の焼肉屋へ! | トップページ | 今年の「アフター」は、世界遺産・白川郷合掌民宿1軒貸し切りだい! »