おすすめ情報

本の紹介

« 名古屋大会 リーフレット完成です。 | トップページ | 写真家・長島さん、東北へ走る »

2011年5月27日 (金)

泉州若衆ぴらいち、充実の議論、そして都市伝説の焼肉屋へ!

初の試みの泉州若衆ぴらいち、その名前にふさわしく若手12人にベテラン4人と圧倒的な若手率で、「ぴらいち」と「教員採用試験合格者へのインタビュー」に取り組みました。
参加者の皆さんから寄せられた感想です。

新採用のAさん:初任者の私は、最近の授業でふと困っていたことを話題にしたのですが、様々な目線からアドバイスを頂いてすごく参考になりました。また、他の学校でどのような問題が起こっていて、どのようにアプローチされているのかを知り、経験の少ない自分にとって有意義な時間を過ごせたと思っています。

3年目のBさん:他の先生のお話はいつも、参考になります。さらに、視点の違う意見は、思考の盲点をつかれて新鮮な驚きを感じました。今日聞けなかった他の方の発表も聞いて見たかったです。歯を2回磨いても焼き肉の味が抜けませんでしたよf^_^;。

合格めざすCさん:ぴらいちをやるのは2回目でしたが、色々な取り組みや悩みを聞け、とても勉強になりました。メンバーの関係上、ぴらいち経験者が少なく、僕の班では特に『けなし役』が上手くいかなかったのが心残りではあります。

 後半の合格者への質問と自己PRは、特に合格した先生の意見や勉強法など、とても参考になりました。ただ、新採の先生にしか意見を聞けなかったのは勿体なかったかな…と思いました。勉強会が終わった後で、「自己PRアドバイス用紙」を用意して、先に自己PR、後で質問をすれば、新採の先生以外の先生の浮いた時間を有効に使えたかも…と思い付き、企画段階で気づけなかった事が悔やまれます…こういうツメの甘さも自分の改善点だな…といろんな意味で勉強になった勉強会でした。


同じくDさん:いろいろな事例、事例に対しての対処のしかた勉強になりました。自分は、できると思いあがってましたが、まだまだだなっと実感しました。もっと頑張らないといけないと思いました。

ベテランのEさん:印象に残ったのはレポートでは結構初々しい生徒指導上の悩みを吐露した新採FさんやNくんが、合格者のアドバイスでは顔つきが変わっていたことです。教採なんてその年の情勢や教科による運、不運に左右される通過儀礼くらいに僕たちロートルは思っているんですが、やはり「教師の卵」は孵ってこそ、目玉焼きにもスクランブルにもなり味が出て来るものですね。'殻をうちやぶれ!ティーチャーズeggs!'

« 名古屋大会 リーフレット完成です。 | トップページ | 写真家・長島さん、東北へ走る »

例会・学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋大会 リーフレット完成です。 | トップページ | 写真家・長島さん、東北へ走る »