おすすめ情報

本の紹介

« 4月例会in和歌山② | トップページ | 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! »

2011年5月 3日 (火)

【立ち読み】早蕨・4月号③ 文化祭見てある記~心に残るセレクション④

  そろそろ文化祭の出し物を考えようという季節になってきました。
「見てある記」セレクションの第4回です。 

▷2003年 M高校「人間になりたかった猫」「アイーダ」
 訪れた日は「人間になりたかった猫」と「アイーダ」(曲は全てオリジナル)。おい!おい!君ら本当に高校生かと言いたくなるほどの出来栄え。ステージの枠が決まっていて、3年生は代議員会で熱弁をふるう。クラス内では演目を何にするかは、相当、話し合い、最後は僅差で決まることも。

 3年生最後の演目「眠れる森の美女」「オペラ座の怪人」「天使にラブソングを」「CATS」。2年生の多くは展示バラエティーに取り組んでいた。歌と踊りが3年生のミュージカルにつながっていくのだろうか。

▷2003年 O高校 人形劇「魔女の宅急便」
 教室企画。夏休み、人形作りにあけくれる。大阪弁の台詞がコミカルさを増す。観客をジブリの世界に釘付け。上演後、キーボード、ギター、リコーダー、ハーモニカ、バイオリンの生演奏でテーマミュージックを人形総出演でシングアウト。「これはいいわ」「よかったネェー」と口々に会場を後にする観客ばかり。この秋、心が一番温まった企画。

▷2003年 S高校 校門装飾
 現在は、統廃合でなくなってしまったS高校。晴れわたった秋空に、校門から屋上まではりめぐされたスズランテープが映える。高文研「文化祭企画読本」に紹介。秋晴れの日には、必ず思い出す。(T)

« 4月例会in和歌山② | トップページ | 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月例会in和歌山② | トップページ | 【立ち読み】早蕨・4月号④ 今年の「史上最強の遠足」は、伝説の「聖地」へ! »