おすすめ情報

本の紹介

« 「古典」「現代文」で取り組んでいます~7月例会「震災・原発をどう語ったかどう語るか」②~ | トップページ |  体育祭そして文化祭へ »

2011年7月 7日 (木)

【立ち読み】早蕨6月号③ 文化祭見てある記~心に残るセレクション

2004年 N高校
 学校改編で、学校移行中ということで、名称は「第1回 I祭」。3年生は伝統的に劇が多数を占める。「CATS」は、演技はもちろん大道具・照明・衣装も凝りに凝っていた。夏休み中も相当練習する。京阪沿線では、各校集まってのステージ講習会が開かれたり、照明器具を互いに貸し合ったりしているらしい。

H高校
 ほとんどの企画が終わりかけていた時に、教室から歌声が。3年生はコーラス大会に参加。予選は、課題曲(校歌1番)と自由曲。決勝に3クラスが出場。閉会式で、全校生徒の前で優勝を争う。クラスみんなでアイデアを出し合い、衣装や振り付けにも工夫を凝らす。どのクラスも優勝を目指しての意気込みはすさまじい。決勝進出は8組「島唄」・3組「宇宙戦艦ヤマト」・1組「ミュージカルメドレー」(ライオンキング・ジョイフルジョイフル・アイーダ)。最後の1週間は、遅くまで残って練習した。勝っても負けても涙。

当初、6回連載ということでしたが、編集部からお許しを頂き、もうしばらく続けることになりました。乞う!御期待。
                                                                    (詫磨秀雄)

(「早蕨」6月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 「古典」「現代文」で取り組んでいます~7月例会「震災・原発をどう語ったかどう語るか」②~ | トップページ |  体育祭そして文化祭へ »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「古典」「現代文」で取り組んでいます~7月例会「震災・原発をどう語ったかどう語るか」②~ | トップページ |  体育祭そして文化祭へ »