おすすめ情報

本の紹介

« 【全国大会ストップモーション①】一歩ずつ、まえへ行きます | トップページ | 心配なことが・・・ »

2011年8月13日 (土)

今 大人としてできること

   この間、原発について、各教科でどう教えたかと、西谷さんのとてもエネルギッシュでためになる目からウロコのお話の例会がありましたが、その後も、出るわ出るわ原発の裏話。

   やらせの件は「ああやっぱりな」という気がします。ほっといたら不安を持つ人が多いのは当たり前で、原発を作ろうと思ったら、しくまないと無理だったかもしれません。うちの娘の知り合いは福島にいますが、入ってくる話はとても気の毒です。その知り合いは原発から遠く離れているので、何の恩恵もありませんでしたが、被害だけは福島なので受けています。もっと福島全体の問題としてみんなで話ができていれば、結果として原発を作ることになっても、安全のこととか、もっとちゃんと出来たのではないかと思います。
 
 また、この間、報道ステーションで安斎さんが出演されていました。原子力の平和利用に批判的な意見を持ってしまったら、みんなから無視され、監視されたという話で、これも、日本的で考えさせられる話でした。

  私が、問題だと思ったのは、違う意見を受け入れようとしないこと。違う意見に対して、非常に警戒してしまって、自由に話し合いが出来ないこと。これからの日本で大切なことは、違う意見をお互いに言い合えるような人間になることだと思います。

  そのために何ができるか。考えてみたいと思います。小論文の授業で何かできるか、現代文で何ができるか。今の2年生はあまりまじめに聞いてくれませんが、これから少しずつ模索していきたいと思っています。だんだん先が短くなってきたなあと思うので、少しでもいい世の中を残してあげたいから。
                                        (K)

« 【全国大会ストップモーション①】一歩ずつ、まえへ行きます | トップページ | 心配なことが・・・ »

点描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【全国大会ストップモーション①】一歩ずつ、まえへ行きます | トップページ | 心配なことが・・・ »