おすすめ情報

本の紹介

« 7月例会感想② | トップページ | 忘れてはならないこと・・・ »

2011年8月21日 (日)

どうなる大阪の教育!?①

 事務局長の首藤です。大阪では、橋下知事と府議会最大会派(過半数超)の首長政党「大阪維新の会」によって、「教育基本条例」案なるものが準備されています。9月議会に提案され、可決の公算も大きいとのこと。この条例は教育に政治が関与していくことを強く打ち出しています。新聞各社のサイトではこれに関する記事をみることができます。

例:読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110811-OYT1T00164.htm

府立高校の入学者が3年連続で定員割れを起こした学校は統廃合の対象になるとのこと。私の勤務校も統廃合なのでしょうか・・・。ちょっとこれはたいへんなことになりそうな感じです。みなさんは、どう思われますか?ぜひ、大阪に関心をよせていただきたいと思います。

« 7月例会感想② | トップページ | 忘れてはならないこと・・・ »

コメント

首藤先生、お久しぶりです。
大阪のこと、注視しています。
君が代条例だけでも、とんでもないことと思っていましたが、
今度は教育全体を首長の支配下に置こうとしているものだと思っています。

こんなことを許したら、今の学校だけでなく将来にも禍根を残します。
大阪の教育界全体で、条例案に反対していかないといけないのではないでしょうか。
京都からもぜひぜひ応援に行きたいです。

読売の記事を読みましたが、
なんか肯定的に書いているので、やっぱりあかんなと感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月例会感想② | トップページ | 忘れてはならないこと・・・ »