おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」8月号⑬  議論が続く佐藤・四反田実践 | トップページ | 定員割れの学校で(下) »

2011年10月10日 (月)

定員割れの学校で(上)

転勤半年目、つらつら思うことを並べてみました。

*定員割れが続くと統廃合とかいう声もありますが、今年定員割れした学校に勤める者としては、あちこちの学校で、教育委員会に対して、納得できないものを感じていることでしょう。うちはいわゆるちょっと前の学校改革で「普通科総合選択制」とかいう、府教委として「新しいニーズ」に答えた学校として作られた学校です。でも。そんな学校が今年軒並み定員割れしました。

  それって、教員の頑張りが足りないからでしょうか?私は、転勤してみて、ニーズに合ってないなあと思いました。すべてが中途半端なんです。(今頃言わなくてもはじめから言われていたことですけどね)

  「改革っていうなら金と人をくれ!」府教委は責任は取らないのかなあ。

(つづく。河内  愛子)

« 【立ち読み】「早蕨」8月号⑬  議論が続く佐藤・四反田実践 | トップページ | 定員割れの学校で(下) »

点描」カテゴリの記事