おすすめ情報

本の紹介

« 【速報】生中継決定! 10/30(日)のシンポがネットで観られます。 | トップページ | 【基本条例案を「事実」をもとに考える】いよいよ本日です! »

2011年10月29日 (土)

【基本条例案を「事実」をもとに考える】いよいよ明日。高生研関係者だけで50名超えました。

 明日のシンポ。
 参加者申し込みなしで結構という企画なので、正直、参加者数が読めません。
 高生研関係で把握した方だけですでに50名超。
 下記、シンポジストの方おのおのが超魅力的な方ばかりなので、

「○○さんの話をききに、ぜひ行きます」

 という方もかなりおられるときいてます。

 当日、梅田・清風堂書店さんの関係書籍販売もあります。
 どうぞお気をつけてお越しください。

 ●シンポジスト
○藤田城光(保護者・大阪府立高等学校PTA協議会会長)
府立高校のPTA協議会会長として、深く学校に関わってこられている藤田さんにとって、この条例案はどう映るのだろう? 現行のいいことよくないことも含めて、親からみる「公立学校の役割」について語っていただきます。

○羽田好貢(公立高校卒業生・現 電設会社経営)
高校在学時代、停学6回! 「卒業」を勝ち取れたのは、「本人以上にまわりの友人や先生たちが、あきらめず見捨てなかったから」。いま、会社社長として若い従業員たちを育てる立場の羽田さんが、「フツーの高校で学んだこと」を語ってくださいます。

○山下晃一(教育行政学。神戸大学大学院准教授)
今回の「条例」と同様の法律(NCLB法=落ちこぼれゼロ法)がすでにアメリカで施行されていた。そこで報告されている数々の「失敗」「弊害」は、さながら「近未来の大阪」の姿なのか。気鋭の研究者に、「映し鏡」としての外国の状況を語っていただきます。

○杉田義郎(精神科医。大阪大学保健センター教授)
国際競争に「勝てる」エリート育成を主張する条例案。しかし、いまでさえ、「エリート」と呼ばれる学生たちは追い詰められ、乗り越えられないのは弱いから、と自分を責めています。さらに競争を強いると……。学生たちの衝撃的な姿を語っていただきます。
                  
     ほか、大阪の「オカン」、教師をめざす学生さんらの発言など予定しています。

●司会 小野田正利(教育制度学。大阪大学大学院教授)
「保護者からのイチャモン」を研究してこられた小野田先生は、今回の条例を「社会全体に渦巻く不満や不安を背景に、学校への八つ当たり的批判を基にした、無茶な改革を進めているようにしか思われない」と喝破されます。
●日時 10月30日(日) 18:00~20:30
●場所 大阪大学中之島センター7Fセミナー室

http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
(京阪・中之島(歩5)、淀屋橋(歩16)、環状線・阪神 福島、新福島(歩9~12))
大阪市北区中之島4-3-53  TEL 06-6444-2100
● 資料・会場代 500円 

●当日生中継放送アドレス   http://ustre.am/EdCk

            主催:大阪の教育の明日を考える会
事務局 TEL:090-7344-9254 
taikanokaisin@kd6.so-net.ne.jp

« 【速報】生中継決定! 10/30(日)のシンポがネットで観られます。 | トップページ | 【基本条例案を「事実」をもとに考える】いよいよ本日です! »

例会・学習会」カテゴリの記事