おすすめ情報

本の紹介

« 「教育基本条例案」を授業でとりあげてみた(上) | トップページ | 「教育基本条例案」を授業でとりあげてみた(下) »

2011年11月25日 (金)

「教育基本条例案」を授業でとりあげてみた(中)

 昨日の記事の続きです。
「生徒たち、鋭いなー」を実感させる感想の数々(抜粋)です。 

【「条例案」に賛成!】 29%
(ア)「愛国心及び郷土愛に溢れる人材を育てること。弱者を助ける勇気と思いやりを持った人材を育てること」がよかった。
(イ)他の国との競争に勝っていかなけいといけないので学力向上は必要だと思う。
(ウ) 確かに今の子供は自由すぎるし、他人にたよってばかりであまり責任感がない。もっと自己をもつべきだし、ルールもつくるべき。政治と教育委員会はもっと組むべきだと思う。
(エ) 私がひっかかったのは、「世界」というキーワードです。「世界」と競争する必要はないが、尊重することは必要やと思う。⑧は自由すぎると学校が荒れるので、少しルールを守れる人に育てたほうがいいと思う。
(オ)とりあえず通してみて、どういった結果になるか見ればいいと思う。
(カ)ゆとり教育とか個性を尊重とか言いすぎたと思う。格差なんてあってあたりまえだと思うし、教員が評価されるのもいいと思う。
(ク)いいところは伸ばして悪いところは変える。仲のいいところは悪くないんやから、無理に競争心をあおる必要はないと思う。でもお互いに支えあって能力のある者がどんどん伸びればいいから、グローバルに対応できる能力のある者だけが対応すればいいと思う。
(ケ)まじめに勉強に取り組んでいる人が得をするのは当然だと思います。レベルの低すぎる人には合わせなくていいと思います。
(コ)日本の今の教育はムダが多い。効率が悪い。文法だのなんだの、なんでもかんでも覚えろ!というのはよくない。むしろ現代において習ってすぐに使えるようなことを覚えさせるべきだ。また体育には得意とか以前に危険性がともなうものが多い。柔道なんかは特にへたすれば死に至りかねないのだから、選択科目にすべきだ。                                      
(サ)やっぱり他国に負けたくないという気持ちのほうが、勉強(教育)などに上の目標を目指すことができると思うので、条例はあったほうがいいと思う。
(シ)2年連続D評価の教育は分限処分と言うのは生徒と教師が対等なので良いと思った。
(ソ)世界に通用するためにはもっと競争意識を高めたほうがいいと思うから、そのためにもこの条例はあったほうがいい。

【「条例案」に反対!】   55%、
(タ)この条例は日本のよいところをつぶそうとしている。確かに学力は上がるかもしれないが、代わりになにかべつの学生らしさなど、良いところが失われてしまう。勉強ばかりできる頭でっかちのかわいげのない子ども、情にうすい数字にばかりこだわる嫌な大人ができあがってしまう。
(チ)「格差を受け入れてでも秀でた者を育てる必要がある」というのはおかしいと思います。エリート育成をするのは悪いことじゃないと思うけれどできない者を見放すのはとても悪いことだと思います。
(ツ)個人の得意なコトを伸ばそうとするのはいいけど、廃校とか2年連続D判定の教師はクビとかきびしすぎる。格差をつけるのも、つけすぎるのはよくないと思う。上の人はいいけど、下の人は困ると思う。
(テ)エリートばっかりいる国が良い国とはいえない。というかなにか違う気もする。人はいろんな人がいるから、個人の尊重もきっと大事だと思う。天才とか? どんだけ頑張っても、努力型が天才型に勝つのは難しいのかもしれない。わからんけど。
(ト)大阪府を実験台にして成功したら他の県も…なら失敗したとき、又、教育を変えるのか、それに適応していく学生はきっと大変だ。競争意識はそうゆう考えを教えること自体、社会に対応させる為に必要だと思うけど、徹底する必要はないような気がする。子供、生徒をねじふせる教師が増えそうでちょっと怖いです。
(ナ)教育現場で愛国心とかを刷り込んでるみたいやと思った。
(ニ)はいりたての先生とか評価をつけたらほとんどがDになってしまう。そしたら若い先生がいなくなる。
(ヌ)世界に対抗するのもいいけど、それよりもまず国内から変えることを考えたほうがいいんじゃないかと思う。他の国では格差とか問題になっているのに、わざわざ自分からそこに飛び込むような必要はないと思う。
(ネ) 高校かって前期に生徒をとられて後期の高校は生徒がとれなくなる。後期は不利やのに、3年連続やったらつぶすとか無責任。もっと教員のことを考えてほしい。こんなんしたら、教師になりたいて思わへん。
(ノ)確かに選挙で選ばれたから民意というのは分かる。でも、この条例は自分達が教育に口出したいから「これは民意だ」と言ってるようにしか見えない。この条例は別に大阪府民の意見を元に作ったわけでもないし、まずこの条例が一番影響を与える高校生に対して何の話もなしに通そうとするのが一番意味不明。現場をもっと理解してから話しをしろ。
(ハ)もうちょっと考えてから出したらもっと良い物になると思います。極端すぎて、通ったほうがいいとは思えないです。あと、「人材」「人材」と連呼しているのが、なんか「生かされている」とか「物」扱いみたいに聞こえて、すごく嫌でした。だからと言って他の呼び方は思いつかないのですが(^o^)…。
(ヒ)言ってることが矛盾している。競い合っているなかで弱者を助ける勇気と思いやりを持てる人なんてそういない。自分のことでせいいっぱいになる。能力のない人はどうなるか明確に明かしてほしい。いくら努力してもできない人もいるからそこは言ってほしい。義務の中に自由を見出せる人もあまりいない。
(フ)こんなことをしているヒマがあったら「いじめ」とか「虐待」をなくすことに力を使ってほしい。人を学力ではかるなと言いたい。子供のあたまを良くするのが知事の仕事ではないと思う。もっと大阪の社会を良くしてほしい。はっきり言うと馬鹿馬鹿しい。
(ヘ)学区撤廃は別にいけど、統廃合とか教員の分限処分はやらなくてもいいと思う。もしクビになってしまったら次にする仕事とかもみつけるのもたいへんやし生活とかできひんなったら、どうするんかなって思う。
(ホ)勉強ばっかりしてたら、頭だけしか良くならない人材育成する為にはもっと中身のこい授業をするのがいいと思うし、社会に出て応用できる授業だけをすればいいと思う。でも、成績が悪い人が決まってしまうと学力の平均が下がったら意味ないと思う。ぐれる人がふえると思う。治安悪くなると思う。
(マ)俺たちは機械ではありませんので。
                                                              (S。つづきます)

« 「教育基本条例案」を授業でとりあげてみた(上) | トップページ | 「教育基本条例案」を授業でとりあげてみた(下) »

点描」カテゴリの記事