« 大阪高生研総会再度のお誘い | トップページ | 2012年の幕あけにあたって »

2011年12月29日 (木)

教育基本条例案について日弁連会長声明がでました。

みなさん、こんにちは。教育基本条例案について、日本弁護士連合会会長声明がでました。「日の丸・君が代」条例の問題点の指摘に続いて、この条例案の問題性を明確に指摘しています。声明が、子どもの立場にたって次のように指摘しているところはとても心強いところです。

「・・本条例案を子どもの立場から見れば、首長の交代に伴って教育目標が変更され得ることを意味するのであり、子どもの個性や成長・発達段階に対応した教育の継続性が阻害され、子どもの学習権を充足することが困難になる危険がある。・・・」

こちらのアドレスでご覧いただけます。みなさんもぜひご一読ください。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2011/111227.html

 

« 大阪高生研総会再度のお誘い | トップページ | 2012年の幕あけにあたって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪高生研総会再度のお誘い | トップページ | 2012年の幕あけにあたって »