おすすめ情報

本の紹介

« 2012年大阪高生研総会報告② | トップページ | 【立ち読み】早蕨12月号② “こんな大阪ワンデイウォーク”「ちんちん電車で堺へ」 »

2012年1月11日 (水)

2012年大阪高生研総会報告③

    また2011年は大阪の教育を揺るがす「教育基本条例案」が起こりました。この条例案は、2010年のはるころから準備されたもので、その狙いは「戦後レジームの解体」にあることは立案者の口から明らかになったことです。それは将来の憲法改正を射程にいれていることは明白です。

  大阪高生研会員の有志は、「大阪の教育のあしたを考える会」に参加して、その問題性を考え、アピールしつつ府民各層に広範な議論を起こす活動にとりくんでいます。その活動の1つの成果が10月30日(日)に開催された『大阪の教育「不安」の声~基本条例案を「事実」をもとに考える~』集会でした。また、基本条例案批判のブックレット『どうなる大阪の教育!』(フォーラムA刊)の発刊にも編集協力をしています。研究者や法律の専門家、ジャーナリストもまじえたこのとりくみは、条例案の問題性を示し、府民の議論をすすめる大きな役割を果たしていると自負しています。この教育基本条例案について引き続き、「大阪府教育基本条例案の問題性について広く議論をおこしていく」ことが確認されました。また、大阪高生研として一定の見解をだすことも必要ではないかと考えています(素案は早蕨で発表しています)
                   (つづく)

« 2012年大阪高生研総会報告② | トップページ | 【立ち読み】早蕨12月号② “こんな大阪ワンデイウォーク”「ちんちん電車で堺へ」 »

大阪高生研総会」カテゴリの記事