おすすめ情報

本の紹介

« 2012年大阪高生研総会報告③ | トップページ | 2012年大阪高生研総会報告④ »

2012年1月12日 (木)

【立ち読み】早蕨12月号② “こんな大阪ワンデイウォーク”「ちんちん電車で堺へ」

  今回はチンチン電車で堺へ。天王寺駅前から乗ろうとしたら、今あべのは近鉄の超高層ビル建設中でゴチャゴチャしていて、乗り場は…と少々まごついた。
  浜寺駅前ゆきに乗車。阿倍野の商店街を抜け北畠に入るころにはまわりは閑静な住宅街(名にし負う帝塚山)に。その先は南港通と交差しステキな洋菓子店やパン屋が軒を連ねる。
 
  「この駅、この駅」思わず指差したくなるのが「姫松」の古い待合所。この上町線が開業した1900年(明33)ころから変わらぬ佇まいで、他の停留所とは違い雨風しのげる電停として昔から人気がある。思わず降りてしまいたくなるが、今日の目的地は堺。
  我慢我慢。
 
  ただ、大阪人なれば住吉さんには表敬訪問。「住吉鳥居前」で途中下車、「反橋」(太鼓橋)の頂上にのぼる。ここから振り返って望む鳥居、松の木、そしてゆっくり走る路面電車。のどかな街の美しさを凝縮したような風景。その全てをこんな高い目線から捉えることのできるのはここしかないだろう。写メのシャッターを押さないテはない。さて、「住吉」電停前の「いづもや」の鰻で腹ごしらえか!?とりあえず「喜久寿」のどら焼、というテもあり。
 
  再び浜寺駅前ゆきに乗車して、チン電(阪堺電気軌道)の本社、車庫のある「我孫子道」を過ぎると大和川橋梁(1911年製作の下部プレートガーター橋、鉄管柱橋脚は橋梁オタクにはたまらない鉄道橋なのだ)。渡れば堺市内に入る。「高須神社前」で降りる。
 
  (下略。中村貴彦。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)
 

« 2012年大阪高生研総会報告③ | トップページ | 2012年大阪高生研総会報告④ »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事