おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」12月号⑥ 「イケ麺ず&スイーツ・パラダイス」 「カレーラーメン」にもっと光を! | トップページ | 教育基本条例案にかかわる府市統合本部の議論報道を読んで② »

2012年2月 1日 (水)

教育基本条例案にかかわる府市統合本部の議論報道を読んで①

各紙が1面で昨日の教育基本条例案にかかわる府市統合本部の議論を報道しています。
これを読んで寄せられたいくつかの意見・感想です。

(A)今朝の職員室も3紙がおかれて先生たちが目を通していました。

やはり「3年連続定員割れの学校は再編整備」には連続定員割れの本校は“直撃”を受けます。どうなることかという思いが職場を覆っています。

中西教育長は「反対の立場を堅持する」と教育長交渉では言っていたのですが、やはり腰砕けの感じがします。橋下・松井両氏の「押し切り」「鶴の一声」にはなすすべもなかったということでしょうか。記事では堺屋太一氏や元通産官僚の古賀氏などの発言が紹介されています。この二人の言っていることは果たして正しいのでしょうか?

学区撤廃についても橋下氏が「府民の圧倒的多数が撤廃を望んでいる」と言っていますが、検証されたことなのでしょうか。

大事なことが府民と教職員、生徒の声の届かないところで“民意”の名の下にすすんでいく。空恐ろしいと思うのです。教育基本条例をめぐるたたかいはいよいよこれからです。がんばりたいと思います。

« 【立ち読み】「早蕨」12月号⑥ 「イケ麺ず&スイーツ・パラダイス」 「カレーラーメン」にもっと光を! | トップページ | 教育基本条例案にかかわる府市統合本部の議論報道を読んで② »

大阪の教育の明日を考える会」カテゴリの記事