おすすめ情報

本の紹介

«  熊本高生研総会“出張”報告③ 大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(上) | トップページ | 「国語としてできること」 »

2012年2月10日 (金)

熊本高生研総会“出張”報告④ 「大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(下)

    「大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(下)

(きのうの続きです)

<問題点>
(1)政治が教育にあからさまに介入
(2)果てしない競争強化
(3)学校を問答無用の世界に
(4)保護者がモノを言えなくなる

 いずれは熊本そして日本全国にもと考えると恐ろしくなるが、多くの人が反対意見を表明していること(府立高校職場の反対署名は全職員の9割に当たる7600名分が集まっている等)や闘いに立ち上がっていることの報告もあり、「まだまだ捨てたもんじゃない」との思いを持った。

 熊本で今私たちに何ができるかと考えた時、やはりまず知ること(学ぶこと)だし、それを周り(生徒も含めて)に伝えていくことだろうと思った。Sさんの「『教育基本条例案』をまったく私情をまじえず教えてみた」という実践報告はとても興味深かったし、同じことを私の学校でやったらどんな結果(生徒の反応)が出るだろうかと考えた。同じような実践はできないとしても、目の前の生徒を、マスメディアや偶像に踊らされず、社会のからくりを見抜く目を持った「市民」に育てなければと強く思った。「わが内なるハシモト的なるもの」を十分自覚しつつ・・・。

 (I。おわり)

«  熊本高生研総会“出張”報告③ 大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(上) | トップページ | 「国語としてできること」 »

なかま」カテゴリの記事