おすすめ情報

本の紹介

«  熊本高生研大会“出張”報告① | トップページ | 大阪高生研 第2回事務局会議議事録① »

2012年2月 6日 (月)

 熊本高生研総会“出張”報告②

 司会をして (下)
      (F)

(きのうからのつづきです)

今回の分析会の特徴は、参加者のみなさんの意欲的な質問(レポーターへの聞き込み)によって、佐藤さんの報告そのままからは見えなかった側面が明らかになったことでした。

例えば、「指導拒否は生指扱い」「頭髪違反は帰宅指導」など、いわゆる「毅然とした指導」は佐藤さんらしくない指導のやり方ではないか、という質問が明らかにした側面は、佐藤さんが生徒や親といつもじっくり話し込み、帰宅指導は極力避けることが出来るよう、事前に粘り強い語り掛けを続けていたということです。その意味で佐藤実践は排除しない実践だと言えるのではないでしょうか。さらに言えばゼロ・トレランス的な学校をまず学年から換骨奪胎していく学校づくりの実践と言えるでしょう。

また「だめなものはだめ」と厳格に生徒に迫ることの出来る同僚教師が、共に生徒指導に取り組む中で、次第に柔軟な指導もされるようになったのも、異質なものを異質なものとして終わらせない佐藤実践の懐の深さではないでしょうか。

(下略)

«  熊本高生研大会“出張”報告① | トップページ | 大阪高生研 第2回事務局会議議事録① »

なかま」カテゴリの記事