おすすめ情報

本の紹介

« 熊本高生研総会“出張”報告④ 「大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(下) | トップページ | 【ご案内】橋下さんにひとこと言いたいプロジェクト »

2012年2月11日 (土)

「国語としてできること」

「上方高生研」を名乗る札埜さんの、東日本大震災を古典や現代文の授業でとりあげた実践は、
『高校生活指導』191号に掲載されています。

これについて、高生研会員でもある「しょう」さんや、そこからつながっていった「toshiさん」のブログで、詳細な紹介、分析がなされています。

ご案内を。

【しょうのブログ】

http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/201201290000/

【toshiさん「教育の窓」】

http://blog.livedoor.jp/rve83253/archives/1690458.html

« 熊本高生研総会“出張”報告④ 「大阪府教育基本条例案」学習会に参加して(下) | トップページ | 【ご案内】橋下さんにひとこと言いたいプロジェクト »

なかま」カテゴリの記事