おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」12月号⑦ 「イケ麺ず&スイーツ・パラダイス」 「松露だんご」 福栄堂 | トップページ | 【速報】全文が明らかになりました。 »

2012年2月20日 (月)

2月例会報告です。

2月19日(日)10時から、茨木市ローズWAMで、2月例会が行われました。2月例会は、鳥羽先生が退職されるにあたり、鳥羽先生の37年間の実践を聴き、そこから学ぼうというものでした。

  参加者は32名。鳥羽先生と同じ職場だった先生方や、音楽活動を通じて鳥羽先生の魅力にふれた先生方や、遠く姫路から参加の昔懐かしい先生など、たくさんの先生が鳥羽先生の実践を聴きました。

  今日のお話は、生徒会顧問としてリーダー合宿を行い行事を変えていき、自治活動をつくりあげていったA高校でのエネルギッシュな実践と、B高校での大変な経験(校内の問題対策から、必至で職場問題・教職員集団作りに取り組んだこと)が中心でした。

 特に前半の話については、先生の思い入れも深く、生徒の発した細かな言葉も含めての報告で、生き生きとした話しぶりは、その当時の活躍が目に浮かぶような内容でした。
  例会は、生徒への暖かいまなざしと、自治・民主主義の大切さをしっかり教えようという先生の志が伝わるお話で、先生のすごさに圧倒される内容でした。ただ、話はまだ終わらず、是非続きをいつかということになりましたので、また、ご期待下さい。

  先生のお話の中で、心に残ったことをいくつか。まず、「いつも高いモチベーションでやってこられたのは、生徒が背中を押してくれていたから」
  それから、パリの高校生のデモの話。「高校生のデモを大人が見守る。そこでちゃんとできない高校生もいるが、民主主義に失敗はつきものと暖かく見守る」等々。
 
 例会の後は、近所のお店で先生の退職パーティーを行いました。鳥羽さん、長い間お疲れ様でした。これからも、大阪の教育・高生研に関わって、いろいろと教えてください。(M)

« 【立ち読み】「早蕨」12月号⑦ 「イケ麺ず&スイーツ・パラダイス」 「松露だんご」 福栄堂 | トップページ | 【速報】全文が明らかになりました。 »

例会・学習会」カテゴリの記事